天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC1999 & トラペジウム オリオン座

 M42のすぐ南のエリアです。 中央やや左の輝星付近に IC430という三角にとがった星雲があるので一緒に…と思ったのですが、周囲の星雲に埋もれ姿を現してくれませんでした。
n1999_HOO.jpg

  FS-60C reduced fL256mm  F4.3   Ha:20'x10   O3:15'x8  計 320分 AOO合成

 以下のHα画像に両星雲の位置を示しています。
撮影範囲orion_ad 
 NGCのほうも恒星と見分けがつきませんでしたので、以前にfL830mmで撮った画像(上の画像の囲み枠内)を以下にUPしました。 NGC1999は白っぽく写っている部分です。 
  ( HH222は滝のように見えるので勝手に名前をつけただけですので…)

HH_Falls.jpg
 
  NGC1999は近くのV380星という産まれたての大質量星により輝く反射星雲です。下の拡大したHα画像では星雲の中にT型の一見暗黒帯風に見えるものがありますが、これは星からのジェットで吹き飛んだ空洞なのだそうです。 
n1999 H upup


 上と同夜に撮ったM42ですが、トラペジウムのまわりがつぶれないように…とトライした画像です。 望遠鏡はFS-60Cです。
SOO-lrgb.jpg
 下はSⅡバンド5分露光x4枚合成画像ですが、明るい中央部がつぶれなかったので、これを主体にしてSOO合成をやってみたのが上の画像です。
s_com.jpg

 M42は人気断トツ。 多くの素晴らしい画像が見られるので たまには変わり種を…と言うことで。


にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/20(火) 09:06:32|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sh2-302 とも座の散光星雲

 外国では「Snowman Nebula」と呼ばれていますが、これを見ると頭の形から「ムンクの叫び」を連想します。
18_1 lrgb
  TOA150 reduced 830mm_fL F5.5   Ha:20'x8  O3:20'x4   計 240分 AOO合成

 暗黒帯が裂けた口のように見え不気味ですが、これがなかったら撮影されるチャンスは大分少なかったでしょうネ。
 白黒だと「スノーマン」という呼び名もうなずけるところです。

18_1 H 
 見ていると寂しそうにも見え、なんだか可愛い感じがして来ました。


にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/06(火) 08:25:57|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び ハート星雲

 ハートやソウルはまだ健在。 月に背を向け 北の夜空を狙いました。
 昨年秋に通常カラーの画像をUPしましたが、撮り残したSⅡ画像を今回追加撮影し昨年のデータと重ねてハッブルP.をやってみました。

ハートFS60C SAO-lrgb
  FS-60C  reduced fL256mm  F4.3     今回 S2:15'x6   (Ha, O3: 各15'x6…H28.10月)  全合計 270分 SAO合成
 こちらが去年の画像です。
ハートFS60C H-lrgb 

 以下は今回撮ったSⅡ画像です。これでも SⅡとしては結構形が浮かび上がっているほうです。
ハートFS60C S 

 SⅡ画像による多段階露光的な効果なのか、中央メロッテ15付近のつぶれが改善されているようでしたので切り出して更に手を入れてみました。
ハートFS60C SAO-lrgb up 
 全体の形はもとより、お隣の魚の頭、そしてこの中央の星団付近、それにペアのソウル…と写りっぷりもよく、今年もまた度々お世話になりそうな天体です。

 
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/29(月) 08:35:54|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビッグ&スモールモンキー

 FS-60Cで グーッとひいてみました。 画像サイズを大きめにしてありますので拡大してご覧ください。
fs60c_H_S-lrgb.jpg
   FS-60C  reduced fL256mm F4.3      Ha:15'x4   O3:15'x6   計 150分  AOO合成 
  以下は S2:15'x6 のデータを加え SAO合成にした画像です。

fs60c_H-lrgb wide
  丁度一年前、顔つきなどのディテールを見てみたいと大きく撮った画像です。あお向きになってもらいました。
monk hoox
 TOA 主焦点 fL1100mm にて Ha,O3,S2 各々20'x6枚で撮っています。 各バンドの光成分をよく含んだ天体でハッブルパレット向きです。 但し各部何とな~くモヤーとした天体ですネ…。
monk SAOx

 ここのところ何十年ぶりかの困りもの寒波が居座っています。 睡眠不足で悪い風邪などひかぬよう気をつけたいと思います。


弐ほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/26(金) 08:46:50|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かに星雲 M1

 久しぶりのかに星雲です。 以下は等倍(ステライメージで100%)サイズに合わせたものです。 軽く シャープ処理を加えました。
M1 1801 H-lrgb xx
     TOA150 fL830mm  F5.5         Ha:15'x6   O3:15'x6       RGB:4'x6 (2x2bin)     計 252分
 ベース画像は以下のHα画像を使い、これに更に下のRGBカラー画像を合成しています。

M1 1801 H 
 下がRGB(2x2bin)画像です。 それぞれの通常バンドにはHαやOⅢを合成し使用しています。
M1 1801 R_HR-rgb 

 以下は縁だけトリムした画像です。
M1 1801 H-lrgb x 


にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/18(木) 08:29:26|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス星団付近

 北から、散開星団NGC2259/クリスマスツリー/キツネの毛皮/コーン/そしてハッブルの変光星雲…とにぎやかなエリアです。
xmas_fs_lrgb.jpg
   FS-60C  reduced fL256mm F4.3  Ha15'x10  O3:15'x6 計 240分  AOO合成
 結構淡いのでHαに150分かけましたが、まだ充分ではないようです。 おキツネはんは拡大すると何とかお目見えしてくれました。

Xmas付近WB 
 下は以前にSKY90で北部の散開星団を主に撮った画像です。
xmas 北部 
 以下はTOA fL830mmでのおキツネはんです(トリミング)。 Ha,O3合計で480分かけています。(北は右デス)
xmas ffup 
 下もTOAです…これだけではチョット物足りず、思い切り長焦点で撮れたら面白そうな感じもします。
xmas_コーン H-lrgb 
 最後は fL407mmで、輝星の右にキツネの顔、下にはωの形をしたハービッグハロー、そしてコーンなどを中心にトリミングしたものです。
xmas_all_sky.jpg 
  この辺りは毎年楽しめるエリアです。


にほんブログ村


テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/14(日) 08:29:10|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC281 パックマン2体

 星雲は明るく、各々のナローバンドフィルターによく反応するので、ハッブルパレット向きです。
  普通,ハッブルの順で…。

N281 fs -lrgb n2

  FS-60C reduced fL256mm  F4.3         Ha:15'x4   O3:15'x6   計 150'  for AOO 合成     SAO合成は +S2:15'x6 
N281 fs SAO-lrgb
 
 下の2体目は少し前に TOA fL830mm で撮った画像です。(トリミングあり
 中央付近の散開星団 IC1590 の見え方には口径差が明確です。 一方 いつも気になるのは、散開星団を指差すような形が左側に多く見られますが、散開星団と関係があるのか…他の星雲にも見られるし…不思議な指だナ~と思います。

N281 A_AOO
 ’2005 Aug. APOD によると散開星団は 2~3百万年前に誕生したばかり(人間なら生後3日~1ヶ月!)、そして暗黒物質は豊富、巨大な多重星の存在などでイオン化活発…と星が多く生まれ、星雲が赤く輝く条件がそろっているのだそうです。
 一万光年あるのに好条件なら双眼鏡で見える、と言われますからとても明るい星雲です。



にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/10(水) 08:33:13|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くらげ星雲 IC443-IC444

 頭から煙が出ているような部分を入れて広く撮ってみました。
17_11 H-lrgb a

  FS-60C  reduced fL256mm F4.3    Ha:15'x8  O3:15'x6    計 210分 AOO合成
 下はHα画像です。淡い部分やディテールは白黒で見るのがよく、色をかぶせるとそれ等は失われ気味になります。

17_11 jf H

 さて以下は以前に撮った SKY90とTOAの画像ですが、新星爆発残骸の様子は口径9cmくらいで何とか見えてくる感じです。

くらげ カラー F

くらげ モノクロ

 細部は網状と似た模様になっていますネ。
くらげ頭

くらげ頭 H
 この爆発は凄まじく、温度は億単位に達しその後何百万度レベルにある…という説も。 更にくらげの体長は数十光年と途方もない代物で何とも恐れ入るしかありません。


にほんブログ村


テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/05(金) 08:53:14|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M46 と M47 及び NGC2438

  南天の二重星団と呼ばれますが、右のM47の上にある散開星団NGC2423も結構立派なので、三重星団にしてあげたい気もします。 
m46_47 lrgb

  FS-60C reduced fL256mm  F4.3     L:5'x4  RGB:各々5'x4 no bin.   計 80分 LRGB合成
 矢印先端が惑星状星雲NGC2438で、短焦点では恒星状に見えM46に埋もれるようです。

m46_plneb.jpg
 下は去年TOA 主焦点(fL1100mm)で撮ったNGC2438です。
m46_ngc2438up.jpg

距離はwikipediaによると;
 M47     1600光年
 NGC2423  2500光年
 NGC2438(惑星状)  2900光年
 M46     5400光年です。 

 4者がとてもよい具合に納まってくれたものです。



にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/29(金) 09:13:21|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はくちょう座 今年もお世話になりました

 今や日没後の 「はくちょう」 は西の空に低く、頭から沈んで行くようです。
 この画像は11月初め頃撮影したサドルとNGC 6910散開星団(サドルの左)、その周辺です。

fs60 H-lrgb
    FS-60C  reduced fL256mm F4.3     Ha:15'x4    O3:15'x4     計 120分  AOO合成
 下はHα画像です。
fs60 sad ha 
 はくちょう座のこの付近は散光星雲の宝庫、今年もたっぷり楽しませて頂きましたので 感謝の気持ちを込め、これまでに撮ったものをまとめました。 但し北アメリカ、ペリカン、網状などは充分登場したので除きます。

  IC1311は、右やや下のもやもや~と目立たない散開星団です。

I1311area H-lrgb 
 特にIDは無いですが、滝が流れるように美しいので撮りました。
Cyg_nameless H-lrgb 
 NGC6914 青い反射星雲とその上部を撮りました。
N6914 H_Ldisi 
 クレセント周りは賑やかなエリアです。NGC6881惑星状星雲は小さく識別不能でした。
NGC6888area exp 
 ソープバブルも現れませんでしたが、下の反転画像+矢印付で何とか…?。
soap bub rvUP 
 プロペラのUPです。
prop DWB111 H-lrgb 
 Sh2-119エリアです。
sh2_119 
 LBN331は網状(西側)をコンパクトにしたような感じです。
LBN331 H-lrgb 
  LBN315
LBN315 H-lrgb 
 ペリカンの足元にあるIC5068です。どうして直線的筋状の暗黒帯が走っているのだろう…。
IC5068 lrgb 
 Sh2-112です。暗黒帯が不思議な形です。
Sh2-112 H-lrgb 
 Sh2-115です。 縦の構図で下へ伸びる筋状の星雲を狙うとよいかも知れません。
SH2-115 H-lrgb 
 X-1ブラックホールとカップルになっている星はチューリップ星雲の近くにあります。sh2_101_x1_20171224154519367.jpg
 ミニプレアデスと呼ばれることもあるM29(左下)エリアです。
M29 area 

 冬はオリオン、夏は白鳥、いつでもどこでもケフェウス王…と言うところか。
 来年もまた楽しませて下さい。



にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/25(月) 08:39:45|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (7)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (19)
太陽系 (27)
星雲 星団 (246)
銀河 (89)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア