天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC 4565 かみのけ座銀河-4 & しし座周辺

ま横から見た銀河として大変ポピュラーな銀河です。既に Gallery/銀河Galaxy に掲載済で、再度の撮影になります。
N4565 本文

N4565 new ← 拡大用
TOA150 reduced fl, L:6'x15 (full), RGB: 4'x6each(2x2bin.)


以下はしし座,かみのけ座周辺星空です。 EOS kiss disi.N露出2' ISO 800。 自作ポタ赤
しし座周辺 本文 
星座線図に、かみのけ座NGC4565の位置なども入れてあります。広範囲な散開星団のメロッテ111は、望遠鏡には収まらないので双眼鏡で楽しむのがよいと思います。
しし座星座図 星座線図

さてレグルスとは、ラテン語で「小さい王」の意味だそうです。なぜ「小さい…」のか調べても分かりませんでしたが、黄道上にあり月や惑星が近づいたり遠のいたりするので、占い術ではこれを王に見立てて運命を占ったそうです。またレグルスは時にししの心臓とも呼ばれるそうですが、今や赤く輝く火星がレグルスを圧倒していますネ。
獅子絵図星座絵の出典はステラナビゲータV8によるものです。

しし座のギリシャ神話:
ヘラクレスは大神ゼウスが人間の女性アルクメネに生ませたのでした。このためゼウスの妻ヘラの怒りをかい、呪いをかけられたヘラクレスは自身の妻や子を殺したり、ひどいめにあわされてしまいます。 のちに呪いもとけ、この罪滅ぼしのためヘラクレスは12の冒険に出かけることになりました。 最初ネメアの森に住む人や家畜を食うライオン退治をすることとなり、死闘の末に退治することができました。ゼウスはこれをたたえ、ライオンを天に上げしし座としたのです。


星座線図の右下にはうみへび座がありますが、ヘラクレスの第2の冒険で退治された海蛇ヒドラが星座になったものです。同図右上のオバケがにもヒドラと共に戦いましたが、すぐにヘラクレスに踏み潰されてしまいました。そして両者共に星座になったのでした。

                                    Home ヘ

  
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/30(金) 15:19:05|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月見サンドイッチ

三日月が見事に惑星達にはさまれましたネー。月見サンドイッチなら本当は満月ですが、まあ「ダイエット月見」ということで…。
月齢は3.9だったようですので、厳密には三日月を少し過ぎています。まあそれもともかくとして、写真をご覧ください。

月木金 1  天体ショウ '12-3.26圧縮版
言うまでもないですが、金星-月-木星です。 地平線すぐ下に沈んだばかりの太陽で照らされているのでそのとおりの影/三日月ができるのがよく分かります。地平線真下よりやゝ右に太陽が居ると思われます。このぶんだと金星も同じような欠け方だと思いますが、距離の違いで三日月よりは太く、半月プラスマイナスαだと思います。 (無論木星は欠けません)
月木金 UP 1 
更に30分くらい後、別アングルにて撮影。
月木金 2縮小 月木金 2
少しだけアップです。
月木金 3 縮小 
ついでと言うとなんですが、スバルも縦列のてっぺんやゝ左に仲間入りしていました。周囲の他の主な星は以下ご覧のとおりです。 画像の明るさバランスは無視してスバルを主に調整しましたが…惑星達とは明るさがあまりに違うということです。
月木金 牡牛スバル説明 
以下ならもう少し見られるかと…。 クリック拡大してご覧ください。
月木金 牡牛スバル  
以上すべて EOS kiss Disital N 0.8" - 1"  ISO 1600


どうもお疲れさまでした、よろしければ以下をクリックなどお願い頂きたく。                   Home page
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/27(火) 13:42:50|
  2. 太陽系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M53 & 24# 星 かみのけ座 

Ⅰ M53
 かみのけ座には、銀河ばかりでなく美しい「球状星団」M53があります。

M53 本文
M53 拡大用 ←拡大用
TOA150 LRGB:3'x4 each(full)

球状星団:
一体球状星団はどのようにできたのでしょうか?について明確な説明に出会ったことはいまだなく、どーも謎が多いようです。直径100~300光年の範囲に、数万~数10万の古い(100億歳を越す)星々が球状に密生している星団で、この天の川銀河では150ほど確認されています…と言うのが定説です。

最大の球状星団は、ケンタウルス座のω(オメガ)星団ですが、これは破格で1000万個の星が、互いに0.1光年くらいの距離で密接しているそうです。
密接と言われると、また写真を見ると、どーも星同士が衝突しそうですが、上記0.1光年をもとにした単純計算ではこれらの星が太陽くらいの大きさの星だと仮定すると、東京山手線に囲まれた土地(65km)のなかに12~13個のあずき豆粒が存在する程度なので、大変アバウトですがぶつかりあうことはないのでしょう。

更に余談ですが、 ω星団のωは
バイエル記号です。バイエルはこの球状星団を普通の星(4等星の恒星)と見て「ケンタウルス座のω星」と命名しました。のちの時代に球状星団であることが分かったのですが、バイエルさんを尊重したのでしょう 「ω」の名が残されています。
またケンタウルス座は「みなみ十字座」と隣接するくらい南で、沖縄より北ではよく見えません。またω星団に
メシエ番号がついていないのはシャルル・メシエの観測地パリからは見えない天体だったからだそうです。

Ⅱ 24番星
主星がオレンジ色、伴星が青白い「かみのけ座」のきれいな2重星です。
#24 a 


フムフム…なら以下をクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/23(金) 16:56:36|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M98 かみのけ座銀河-3

かみのけ座銀河の続きで、今回は M(メシエ)98番の銀河です。前回のM99と同様に約6000万光年かなたの渦巻き銀河です。
M98 本文
M98 拡大用 ←拡大用
TOA150 reduced fl. L:8'x10(full), RGB:4'x6(2x2bin)


かみのけ座の伝説:
古代エジプトの王、プトレマイオス3世の妻・王妃のベレニケは大変美しい髪の持ち主でした。

紀元前240年頃、プトレマイオス3世は自分の姉妹を殺したシリア王国のセレウコス朝を攻めることになり遠征に旅立ちました。ベレニケは夫の無事を祈り、生きて戻ったならば美しい自分の髪を女神アプロディテーに捧げると誓いました。そして夫が無事に凱旋すると王妃は髪を切り、女神の神殿に供えたのでした。

ところが翌朝髪の毛が消えてしまったので、王と王妃は大変に怒り神官たちは死刑を覚悟しなければなりませんでした。このとき、イオニア生まれのコノンという宮廷の天文学者は、『神は王妃の行いを大変気に入り、かつ、美しい髪にとても喜び、空に上げて星座にしたのです』と王と王妃に告げ、しし座の尾の部分を指し示しました。そしてその場所はこれ以後ベレニケのかみのけ座 『Coma Berenices』 と呼ばれることになりました。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ   


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/23(金) 10:34:02|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M99 かみのけ座銀河 2


M99は我々に正面を向けている渦巻き銀河で、5500万光年(6000万光年とも)かなたの天体です。銀河の直径は9万光年と普通サイズの銀河と言えるでしょう。
M99 本文
M99 拡大用 ←拡大用
TOA150 w.reducer L: 8'x12 (full)  RGB: 4'x6each(2x2bin)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村   

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/17(土) 12:23:39|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリオン座の星

明るい二つの1等星、ポピュラーな星雲、星の誕生、そして重星等々オリオン座には興味深い天体が豊富で、まさに星座の王様です。
オリオン座周辺 

「ベテルギウス」… オリオン座のα星
以後の画像はすべてTOA150 reduced fl. CCDカメラ 露出1.5"RGB合成です。拡大版はトリミングによるものです。
 
べテルギウス本文 
とても赤みがかった星です。既に「オリオン座星雲」の記事で触れましたが、オリオンの右肩で赤く輝く「ベテルギウス」は 「赤色超巨星」と呼ばれ、近い将来星の最期である「超新星爆発」を起こすとみられています。夜空に突然月ほどの明るさの星が出現するかも知れません。
青白いリゲルと色を比べて見てください。

ベテルギウス/リゲル 
ところで「超新星爆発」とは:
核融合反応で輝く星は、燃料の水素が燃え尽き一生を終えますが、太陽の8~10倍以上の質量の星は、寿命が近づくと赤色超巨星となり、最期は大爆発を起こして突然輝く「超新星」になります。
ベテルギウスのようでなく、はるか遠くそれまで何も見えなかったところに最期の爆発で星が突然輝き出し、あたかも新しく星が誕生したかのように見えるためです。

超新星爆発後はどんどん殆ど限りなく「収縮」し中性子星になると考えられています。「収縮」といっても普通ではなく、中性子星のかけらを角砂糖くらい取り出せたとすると1億トン以上になるまで収縮すると推定されています。また太陽質量の30倍を越した星が一生をおえて超新星爆発を起こした後は、爆発後更に限りなく、より限りなく収縮しブラックホールになると考えられており、角砂糖は200億トンだそうです。\(◎∠◎)/

さて、ベテルギウスの話しに戻りますが、質量が大きい星ほど明るく輝くので燃料の消費が早く、寿命は短くなるそうで燃費の悪いベテルギウスは寿命が約1千万年と短く、いつ爆発してもおかしくない終末期にあると考えられています。
ちなみに太陽は約100億年の寿命の半分が過ぎたところと言われますので当分安心です。

超新星爆発の直前には、素粒子ニュートリノが放出されるそうですので、岐阜県の神岡町にあるニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」でこれをキャッチできると史上初めて「超新星爆発の事前検知」と言うことになります。
ベテルギウスは地球から約640光年かなたにあります。もう爆発しその光は地球に向かっているのかも知れません。

「リゲル」… オリオン座のβ星

リゲル本文 
オリオンの左足に青白く輝く星は「リゲル」と呼ばれます。リゲルは超巨星で、直径は太陽の50倍と言われます。
ベテルギウスは寿命を終えつつあり、膨張して太陽の何百倍になりますが、リゲルは年老いての膨張ではないのに太陽の50倍といいますから想像を絶します。
太陽直径が139万kmでしたから、その50倍だと6,950万kmになりますが、あきれるほどですネ。
また明るさは、太陽の4万倍と言われています。地球からの距離は800光年ですが、こと座のベガと同じ距離(26光年)にリゲルを置くと、マイナス7等星になり、三日月くらいの明るさになるそうです。

リゲルは2重星です。伴星は小さい(暗い)のですが何とか写りました。 この伴星も更に伴星を持つそうですから、実際には3重星になりますネ。
リゲル,伴星 

シグマ(σ)星
オリオンのベルトである三ツ星のすぐそばに美しい四重星を構成するσ星があります。σの右の星は近くて暗いため見にくいですが、なんとか分離できました。黄色い矢印の先端を注意してご覧ください。

σ UP 説明 

星々の美しさにご賛同頂き、以下をクリック頂けますれば幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/15(木) 20:44:21|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギターソロ 「いつも何度でも」

もうほとんど自己満足です…。
[広告] VPS

『PUFF PP&M』
アルハンブラ宮殿の想い出
禁じられた遊びのテーマより 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2012/03/15(木) 16:07:14|
  2. ソロギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金星

金星 Ⅱ  大きく細ーい金星をこちらからご覧ください。

金星 Ⅰ  本ペイジです。お立ち寄りありがとうございます。

西の夕空を見上げると、金星と木星が並んで光輝いています。明るい方が金星で今やマイナス4.3等星で4月30日の最大光度マイナス4.5等星にむけしばらく宵の明星として輝きます。
いま最大光度の手前ですが、「高度」のほうは今月末あたりが最も高いこと、また日没もどんどん遅くなることを考えるとここ3月いっぱいくらいが最もよいのではなかろうかと思います。

金星 本文 
TOA150 12.5mmアイピース 拡大撮影 750枚/2100 動画コンポジット

とても明るいので、露出を抑えるのが大変なくらいでした。何しろ隣りのマイナス2等星の木星を圧倒していますから星としてはすごいことです。

また今月26日には、金星、月(三日月)、木星がそれぞれ上から下へ縦に並びますので、夕刻の西空に注目して見てください。

そして次第に夕空では見にくくなり、6月の中旬頃には未明に、そして更には明けの明星としして、再び明るく輝くことになります。

以上、データ等は「月刊天文ガイド4月号」「ステラナビゲータ」によるものです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/13(火) 14:41:45|
  2. 太陽系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽 '12.3.6

太陽は初登場です。結構目立つ黒点をとらえることができました。
太陽 本文
太陽 拡大用 ←拡大用
TOA150 直焦点 EOS kiss 1/320sec. Baader Planetarium社アストロソーラーフィルム使用

黒点
太陽 黒点UP 

さて、太陽について少しばかり調べて見ましたところ、ビックリするほどの数字がいくつか出てきましたので、以下にまとめました。  (諸数値は適宜四捨五入してあります)

大きさ 
 直径は地球の何と109倍。 となると体積は109の3乗で130万個分となります。
 実際の直径は139万km・・・・何と月-地球間の距離の3.6倍! 

重さ
 地球の33万3千倍。 質量が体積ほどにならないのは太陽はガスだからですネ。 ではガスの成分はというと 水素71% ヘリウム26.5% いずれも軽いガスです。

温度・気圧
 表面温度 6000度 …この程度の数値なら「あー、そうですか」と納得。
 中心付近の温度・気圧は、それぞれ 1500万度・2500億気圧 と計算されているそうです。そんな高温・高圧は想像不能で、これはすなおに納得する訳には行きませんよネ。一体どんな計算なのか知りたいところですが、聞くと余計理解できなくなる恐れがあります。たぶん太陽が発散する総エネルギー量や質量などをベースにしているのでしょうネ?
 軽いガスでもこれだけ気圧が高いとものすごい密度になりそうです。加えて超高温状態であることが核融合反応を起こす環境を造っているのでしょう。

黒点
 黒点部は温度が4000度と一般表面より低いので、放出される可視光線量が少ないので暗く見えるそうです。 不思議なものです。

地球からの平均距離
 約1億5千万km …この距離を「1天文単位」と言い太陽系内で距離を云々するときに使います。(kmで言うとゼロが多くなり分かりにくいからです)
 また、光の速さは30万km/秒ですから、太陽の光は地球に届くまで500秒、つまり8分と少しかかることになります。

 まあいずれもスケールの大きい話しにちがいありません。

以下をクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/06(火) 21:11:20|
  2. 太陽系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽  the Sun

* 金星の太陽面通過 2.............................('12.6.9) 
* 金星の太陽面通過 1..............................('12.6.7)  

* 金環日食 その2......................................('12.5.22)
* 金環日食 その1 .....................................('12.5.21)

* 太陽 '12.3.6 ..................................................('12.3.6) 
 

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/01(木) 16:12:00|
  2. Index
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (213)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア