天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

M16 わし星雲  ぐんま天文台へのアプローチ

 ここのところ、星が見られず手持ち無沙汰の日々が続きますネ。そんななか、たまたま撮影済のM16画像データを手直ししてみた次第です。新旧比較し云々するほどでもないので、改良版(?)のみご紹介させて頂きます。
M16 R 本文
M16 R ← 拡大用。

 わし星雲(M16,NGC6611,IC4703)はへび座にあり散開星団と散光星雲の複合天体です。M16は散開星団の番号で、散光星雲はIC4703という事になっています。一方いっかくじゅう座にもわし星雲があり、私は当初混乱しましたがこちらはIC2177で、外国ではかもめ星雲と呼ばれるそうです。「わし」と「かもめ」では随分違いますネ。 

 また、だいぶ以前ですがハッブル宇宙望遠鏡によって、星雲中央にある暗黒星雲の画像が撮影されました。この観測で、暗黒星雲の柱の先端の細い分子雲のディテールや、そこに生まれたばかりの星が捉えられ、まさに「どぎもを抜く」とはこのことで、超衝撃的だったことが頭に焼きついています。

 以上これだけでは物足りないので以下の 「ぐんま天文台」 もご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村  


 さて、ぐんま天文台は一般に対して大変オープンで、大望遠鏡の観望始め色々な行事を催しています。詳しくはホームページ 『ぐんま天文台』 をご覧頂くとして、ここでは天文台に至る美しいアプローチをご紹介致します。
 天文台は、群馬県渋川市から少し北方面の山へ入った高山村という所にあります。

 夜間の車両のライトを避けるため、駐車場から天文台へは600mの遊歩道を登ることになります。太い角・木材が敷きつめられた緩やかなハイキング道です。足元を照らすソフトな照明などもあり夜間でも快適です。
 また天文台は、標高約900m地点にあります。遊歩道の高低差は、感ですが100m+αというところでしょう。

群馬天文台3 
こんな景色のなかを登ります。
群馬天文台2 
土星の看板です。
群馬天文台4 
終点の天文台を「太陽」位置とし、登り口の駐車場を「冥王星(建設当時は惑星とされていた)」の位置として、各惑星の太陽からの距離の比率で各惑星位置を割り出し、そこに看板を立てあります。
群馬天文台 土星解説 

150cm反射鏡が納まる、11mメインドームです。
群馬天文台6 

やっと火星が出て来ました。水・金・地・火は大分太陽の近くにかたまっています。向こうのほうに小さく赤っぽく見えるのが終点の太陽です。
群馬天文台7 
入り口です。300円で全て見られます。 (^^)
群馬天文台8 
関東平野を背にする北天は素晴しいです。
群馬天文台9 
広場には、18世紀インドの天体観測施設や、英国の古代遺跡ストーンヘンジに似たストーンサークルを再現してあり、太陽・月・星の動きを観察できます。
群馬天文台10 

天文台では、種々の展示物と共に丁寧な解説もして頂けるので、充分に楽しめます。 東京あたりからなら高速道路利用で日帰りも楽に可能です。

どうもお疲れさまでした。



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/27(金) 15:20:22|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

惑星状星雲

 惑星状星雲Planetary Nebula)という言い方は、星雲を観測したときに緑がかった惑星のように見えたところから、ウィリアム・ハーシェルにより名付けられたと言われています。 
   ウィリアム・ハーシェル : イギリスの天文学者(1738-1822)。天王星の発見など多くの業績で知られる。

 恒星は質量が太陽の8倍以下であると超新星爆発を起すまでに至らず、末期になると外層が膨張して赤色巨星となり、外層のガスは徐々に恒星の重力を振り切って周囲に放出されていき、惑星状星雲のベースができる。
 一方、中心核は自分自身の重力で収縮し高温高密度の「白色矮星」となり紫外線を放射し、上記のガスを輝かせ、惑星状星雲として我々に見えるようになる。… と言われます。

 ちなみに恒星質量が、太陽の8倍以上なら 超新星爆発 を起し「中性子星」に、30倍以上なら「ブラックホール」になると言われています。

 さて、前置きが長くなりました。これまでに5つの惑星状星雲を撮影していますので、改めて並べて見ることにしました。皆ポピュラーなものばかりです。

M27 亜鈴状星雲  [こぎつね座] 
 我々から 820光年の距離にあり、視直径 7’で惑星状星雲としては結構大きく見えます。
 実際の直径(長さ)は、1.6光年との説があります。
M27 

M57 環状星雲 or リング星雲  [こと座]
 距離 2600光年(1400光年説もある)  視直径:1.3’x1’ 
M57 
小さいので、トリミングですがUPしました。
M57 up 

NGC7293 らせん星雲  [みずがめ座]
 距離 700光年 太陽系に最も近い惑星状星雲の一つ
ラセン星雲 

M97 NGC3587 ふくろう星雲  [おおぐま座] 
 距離 2600光年  視直径:3.4’x3.3’
フクロウ星雲 

NGC2392 エスキモー星雲  [ふたご座]
 距離 1360光年  視直径:47”x43” かなり小さいのでトリミングで拡大。
 
エスキモー 
 さて、それぞれ 「ふくろう」 の顔 や 防寒フードをかぶった 「エスキモー」 の顔・形に見えましたでしょうか?
  
NGC6826 まばたき星雲 [はくちょう座] 
距離 3300光年  視直径:2.3’
N6826 up 
まばたき星雲記事には、こちらからお立ち寄りください。

NGC6781 [わし座]
距離 2600光年  視直径1.8’
NGC6781 わし座本文 
NGC6781星雲記事にも、こちらからお立ち寄りください。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/23(月) 11:21:55|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木県足利市 Ⅱ … 八木節のふるさと

 民謡「八木節(やぎぶし)」をご存知ですか、『〰あぁーチョイト出ました三角野郎が、四角四面のやぐらの上でぇー…』と酒樽を太鼓に、リズミカルに歌い上げる民謡を耳にされた方は多いのではないかと思います。

それでは先ずさわりのみですがお聞きください。

[広告] VPS

今回は民謡「八木節」発祥の地としての足利市をご紹介させて頂きます。
 八木節発祥については、現在の栃木県足利市にあった八木宿において、のちに初代八木節宗家となった『堀込源太(本名渡邉源太郎)』が歌っていた歌がそのルーツであると考えられています。また八木節という名称は八木宿にちなむものと言うのが通説です。そして当時の梁田郡・堀込村出身の渡邉源太郎がのちにその生誕の地名を以って宗家「堀込源太」を名のりましたが、この堀込が八木宿のすぐお隣に「堀込町」として名を残しています。 
 (足利郡山辺村堀込 とする資料もある。どちらにしても同じ地域・地点です)

 また当初は渡邉源太郎の名から「源太節」と呼ばれてきましたが、1914年(1913年説もある)に日本蓄音機商会(現在の日本コロムビア(株))でレコーディングされる際に「八木節」と命名されたのです。

八木宿交差点 
上は「八木宿」 下はお隣の「堀込町」です。
 堀込町信号 

 さて、ここで「八木宿」のお話しですが、先ずは「日光例幣使道(にっこうれいへいしどう)」のご説明から入ることに致します。通称「例幣使街道」と呼ばれます。
 徳川家康没後その霊柩は、久能山から移され日光山に納められていましたが、正保3年(1646年)家康は朝廷から「東照大権現」として祀られます。以後毎年京都から幣帛(へいはく)を奉納する勅使がつかわされましたが、この勅使は例幣使といわれました。例幣使はその後220年の長きにわたり続いたそうです。また幣帛とは神前に奉献するものの総称です。

 例幣使は京から中山道を通り、今の群馬県高崎市付近の倉賀野宿を起点とするこの日光例幣使道(16宿場)に入って、更に楡木宿からは壬生道~日光道を経て日光に至ったのでした。 

 さてこの例幣使道の中間付近にある宿場『八木宿』が今の足利市のなかにあり、今もその名が上記のように残っているのです。

例幣使道図  ←八木節会館資料

例幣使街道添いの『道しるべ』です。足利道と刻まれているのが分かります。その他太田道、館林道、などとそれに方角(東西南北)なども刻まれています。 
道しるべ道しるべ説明 
例幣使街道、及び周辺の一コマです。 クリック拡大してご覧ください。
街道の春梁田古寺2梁田古寺1街道 


さて、八木節については発祥の地八木宿にある 『八木節会館』 に伺いお聞きしました。
説明して頂いた「ハガワさん(写真)」は、大変な情熱家で話し出すと止まらなくなり、まるではぎれよい八木節を聞くようでした。大変ありがとうございました。

会館全景名物解説者 
八木節会館/連合会 HP http://yagibushikaikan.sakura.ne.jp/yagibushikaikan.html をご覧ください。
このなかの 「公演」 に本格収録版がありますので、ごゆっくりお楽しみください。

会館では、訪問者が10人になれば八木節を実演してくれます。事前連絡・調整の上です。

以下は。同会館展示資料の一部です。冒頭の八木節と共に掲載のご了解を頂いております。
堀込源太写真、そして宗家系図、四代目無形文化財指定、初代から5代目までの写真です。
                
小さい写真はクリック拡大してご覧ください。
堀込源太本文用宗家系図4代目無形文化財初代,2代目3,4,5代目
 初代は誰しも聞きほれる美声はもとより、上の写真のように男前でたいそうな人気だったそうです。しかしそればかりでなく2代目に二十(はたち)そこそこの他郷の若者を抜擢するような、心も大きなものを持っていたようです。よい意味での頑固さも持った惚れ惚れするような人格、人物だったのだろうと思います。
 ちなみに、宗家は世襲でなく弟子のなかから選んだそうですから大変厳しい世界だったと推測されます。更に弟子は、右源太・左源太・小源太などと、清水次郎長の子分の大政、小政…のように実力者がそろっていたのです。

大正時代の八木宿風景、その他
大正時代1 大正時代2 昭和期資料 婚礼時八木節資料 楽譜
そして、樽たいこ、鼓などです。
酒樽,つづみ 

どうも、お疲れ様でした。 ここで一旦締めと致します。

栃木県足利市 Ⅰ にて、日本最古の学校「足利学校」を紹介していますので、どうぞお立ち寄りください。

また、栃木県足利市 Ⅲ では、美しいレンガ造りの工場を紹介していますので、こちらへもお立ち寄りください。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



木節の由来をもう少し:   (一部上記と重複致しますが…)

 八木節の生まれ・おおもとは例幣使街道にあった八木宿、太田宿、木崎宿などの宿場に越後方面から売られて来た遊女や飯盛り女達が望郷の念にかられ唄った越後の瞽女(ごぜ)唄、越後唄と考えられています。

 一方宿場で馬方をしていた渡邉源太郎は抜きん出た美声の持ち主で、馬子唄のみならず瞽女唄や宿場女の歌も大変愛し、すぐにそらんじて道々唄っていました。 源太郎は昼夜苦心を重ねこれらの唄をはぎれのよい曲調に仕上げそして唄った唄は、次第に人気を博し、名声を高めつゝ八木節は出来上がってゆきました。

以下は、足利市織姫神社というところにある「八木節由来の碑」です。

八木節由来

そして、大正三年(1914年)に日本蓄音器商会(現在の日本コロムビア(株))でレコード録音を実施。地元の宿場町「八木宿」にちなんで「八木節」と命名されました。また当時の愛宕山放送局(現NHK)からのラジオ放送、東京への興行進出などなど全国に広まったのでした。
 つまり、八木節は、
・創作者は堀込源太
・発祥地は栃木県足利市    ということにななります。

さて、冒頭八木節のさわりをやりましたが、この唄は 『八木節の由来』 を語ったもので、で出しの一部です。
詩(うた)の全部は以下のとおりです。 現代では理解しにくいところもありますが、味わい深いものもありましたので、詩だけになりますが紹介させて頂きました。

来場なる 皆さん方へー
 平に御免を 蒙りまして
何か一席 伺いまする
 かかる外題を 何よと聞けば
八木節由来の その一席を
 うまい訳には まいらぬけれど
さらばこれから 伺いまする

頃は幕末 安政時代
 越後在なる 農家の茂作
続く不作に 涙をのんで
 一人娘の お雪を身売り
お雪流れて 八木宿廓
 辛い務めに 故郷が恋し
赤城曇れば 瞼に浮かぶ

雪の越後の あの空模様
 今日も荒ぶよ お雪の心
茶碗片手に 冷酒あふり
 昔恋しい 越後の口説き
今日も唄うよ 廓の窓で
 暗い苦しい 廓の暮らし
越後恋しや かかさん恋し


心まぎらす あの口説き節
 節もおかしく 唄ってあれば
街道筋なる 八木宿中に 
 宿場宿場に 広がりまして
いつか明るい 盆うた音頭
土に根をはる 暮らしの歌で
 老いも若きも 手に手を取って

唄い踊るよ 樽はちまきで
 晴れた星空 晴天なれば
今夜も聞こえる 明るい声が
 時は過ぎ去り 明治の始め
栃木県にて 足利南部
 堀込生まれの 堀込源太
声のよいのが 何より自慢

八木の宿場で 生まれたものを
 手網ふりふり 馬車ひきながら
畑に鍬ふる その合間にも
 苦心惨憺 苦労を重ね
調子取り取り 作りしものが
 隣近所の 評判高く
あれが源太の 八木節音頭

今じゃ全国 すみずみまでも
 歌いはやされ 広まりました
お聞き下さる 皆さん方に
 もっとこの先 読みたいけれど
名残おしゅうは 御座候えど
 先ずはこの度で 止め置きまして
御縁あるなら 又この次だが
      オォイサネー

                どうも、大変お疲れ様でした。



 



関連記事

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/19(木) 16:15:54|
  2. 郷土
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M81 おおぐま座銀河

春の星座にはポピュラーな銀河が多いですネ。M81は美しい渦巻き銀河ですが、外周の淡い部分をきれいに写すのは何度やっても難しいものです。
1,200万光年かなたの天体です。
M81 new 本文 

TOA150 reducer L:10'x5(full), Ha:15'x4(full), RGB:4'x6 each(2x2bin.& Ha soft bin.for the red)
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/13(金) 13:30:41|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜と星空

 季節の移り代わり … 満開の桜と沈み行くオリオンです。北関東もようやく暖かい日が続くようになりました。
桜オリオンr 
EOS kiss disi.N 露出1'30" ISO 800 自作ポタ赤 使用

今度はスバルが金星、木星にはさまれています。金-木の間は大分離れました。
金木スバル 
同 露出30" ISO 800 固定

以下は3月26日の写真で掲載済ですが、上と比較してご覧ください。  
月木金 1    

いつの間にか…と、惑星の動きには、まさに「惑う」ものがあります。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/10(火) 16:21:32|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M3 りょうけん座 球状星団

りょうけん座の球状星団「M3」は、3万4千光年かなたの天体です。
M3 本文
M3 高解像  TOA150 reducer LRGB 各3'x6 (full)
それぞれ似たような球状星団を各々単独で見るよりも、比べて見たほうが面白いのではなかろうかと思い、自前の画像はあまり多くはありませんが並べて見ました。

M5 (へび座)
M5 a 

M13 (ヘラクレス座)
M13 a 

M53 (かみのけ座)
M53 a 

画像で見る限りでは、北天最大と言われるM13が最も立派に見えますが、いかがでしょうか。
ではそれぞれの天文データは、というと以下のとおりです。出典の相違による数値の違いが大分ありましたが、未知の点、諸説、謎 などなどが多いということでしょうネ。
  
球状星団データ改  
 表から何が読み取れるの?と言うことですが、どうも各々に顕著な差はなさそうだと理解するのがよいのでしょう。 ただしM53までの距離は他の倍くらいあるのに光度や視直径の数値に相応する差が現われていないので、もしも他と同じ距離に置いたとすると、このM53が最も明るく大きく見えると思います。
 M13は近いため、また密集状態が明瞭(ダンゴが明瞭)なため立派に見え、ポピュラーなのかも知れませんネ。

M53と球状星団記事こちらにも少しばかり球状星団記事がありますので、できましたらお立ち寄りを…。

 
どうもお疲れ様でした。  

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村





関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 17:48:43|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おおぐま座、りょうけん座の星


さて今度は、おおぐま座、お隣のりょうけん(猟犬)座付近を撮影したいと思います。前回のしし座の尾の方から、左ヘ(東へ)かみのけ座、りょうけん座、そしておおぐま座/北斗七星のひしゃくの柄の付近に来ます。
おおぐま座 
EOS kiss disi.N 露出2' ISO 800, 自作ポタ赤
おおぐま星座図 
おおぐま座 絵  
ミザール、アルコルはよく知られた2重星ですが、肉眼で二つに見分けられるかどうかギリギリの離れ具合であるため、古代から視力検査に使われてきたそうです。
望遠鏡では、こんなに離れます。そしてミザールに伴星があるのが分かります。

ミザール
ミザール説明 
星の写真はいずれも、TOA150 reducer 直焦点 RGB各0.5~1.5' 合成

お隣のりょうけん座にも有名な2重星があります。
アルファ(α)星 コル・カロリ 光度差のある連星です。
コルカロリ 

2番星 主星がオレンジ色、伴星が青白色ですが、チョット苦しいです。 (^_^;)
2#りょうけん 
以下はトリミングによる拡大ですが、色の違いは?…どうでしょうか。
2#りょうけんup 

どうもお疲れ様でした。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/05(木) 21:56:31|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (213)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア