天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

JAXA 筑波宇宙センター & NASA ケネディ宇宙センター

 だいぶ昔ケネディ宇宙センターにて、アポロ計画のサターンロケットを見ましたが、この時の写真がありましたので、今回JAXAと一緒に記事にしました。 人物の消し方が下手ですが、ご容赦のほどを…。
 ロケットのミッション、開発・製作年代、米国の威信をかけたプロジェクトであること、等々背景も何もかも異なりますので、比較にはなりませんが面白そうなので並べてみた次第です。

 5基のロケツトエンジンは怪物級。 矢印の直近の人物を基準にして大きさを想像してください

09アポロengine
08アポロb
07アポロa 
 長さは110m、底部直径 10m、 高度300kmの軌道に120トンの重量物を運ぶそうで、3000トンを越す全体重量の93%が燃料と言いますから、なんとも恐れ入るしかありません。

 前回記事のH-Ⅱですが、およそ 50m(長)x4m(直径)。H-ⅡAの重量は約300トン。 H-ⅡBなら 8 トンの重量物を軌道に運ぶのですから、立派なものです。
 
01 H2A 

 話しが突然変わりますが、サターンが 「 500グラム級のアメリカン・プライムリブステーキ 」 なら、H-ⅡA は、「 国産最高級黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 」 と言ったところでしょう。   (^^) 

 スミソニアン航空・宇宙博物館の写真も同時に出て来ましたのでご覧ください。 ’86年頃でしたから、スペースシャトル計画開始後間もない頃でした。

 アポロ計画、月着陸船模型
06アポロ着陸船 

 アポロ宇宙船と、当時のソ連のソユーズとのドッキング (’70年代半ば 冷戦の緊張緩和が進んだ時代で、随分話題になりました)
04米ソ 

 その他、ジェミニ宇宙船、リンドバークの大西洋横断機、ライト兄弟初飛行機などです。 ( レプリカ )  ライト兄弟の飛行が1903年、そして1969年に人類は月に降り立ったのですから、その間わずか66年ということになります。 
05ジェミニ03リンドバーグ02ライト兄弟    


  筑波に戻り、「かぐや」 です。 2.1m四角 X 高さ 4.8m、重量は3トンの堂々たるもので、こんなに大きいとは思いませんでした。 
01 かぐや02 かぐや03 かぐや説明 

 「だいち」 は、 温暖化、気候変動、災害等々多くの調査能力があり、大活躍をしています。
16 だいち 

 これは、「 きく7号 」   技術・試験衛星です。
17 きく 7号 

 「かぐや」 の月面ハイビジョン映像は素晴らしいのですが、JAXAのHPなどからアクセス可能ですし、著作権問題も調べきれなかったので最小限にさせて頂きます。  「 教育・普及、報道などの目的なら 提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA) などと明記することで使用可能 」 ということなので問題はないと考えられます。
 
 以下は 、宇宙航空研究開発機構(JAXA) によるものです。 
 順に、コペルニクス、地球の出、地球の入り です。 大型モニターでのハイビジョン動画をカメラで撮影したものです。  
動画には常に JAXA/NHK copyright が明示されていました。
  08 月面 13 月面地球出 15 月面地球入り

 どうもお疲れ様でした。  JAXA 筑波宇宙センター 1 は、こちらからお立ち寄りください。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/30(月) 20:38:15|
  2. 航空・宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAXA 筑波宇宙センター 1

 茨城県 つくば市にある 「筑波宇宙センター」 では、一般見学者のために興味深い、多くのものが展示されています。

 H-Ⅱロケット,及び 固体燃料ロケットブースター   全長:50m

01 H2A
02 H2A  

 260トンの重量を打ち上げるエンジンですが、思ったよりコンパクトな感じです。
03 H2A04 H2A 説明 

 歴代の主要ロケツトの 1/20 サイズ模型です。
05 ロケット変遷  
 見過ごすところでしたが、左端に 「ペンシルロケット」 の模型があります。 これだけは 1/1 原寸大で、約20cm くらいでした。 故糸川先生も、立派に成長した H-Ⅱ をご覧になれたら、さぞかし感無量かと…。
07 ペンシル 

 H-Ⅱ系 3体。 左から H-Ⅱ,H-ⅡA,H-ⅡB で、順に推力がUPします。
06 H2 3体 

 第1段用のエンジン   
 
純国産で、高効率・高性能エンジンです。 全長: 3.7 m
08 エンジン第109 エンジン第1説明 
第2段用のエンジン
10 エンジン第2 

 これは、中を見えるよえにしたカットモデルで、トップに衛星、燃料タンク、第2段用エンジンなどが見られます。
11 H2A上 

 「はやぶさ」 は 1/2 スケールの精密な模型が展示されています。
12 はやぶさ全景
13はやぶさ本体 

「きぼう」 の実験関係保管室
14 きぼう1
15 きぼう説明 

「こうのとり」  これはサイズ・重量ともに横綱級で、HⅡ-B で打上げられます。
16 こうのとり  

 写真が多いので2回に分けて投稿します。 次回は 「かぐや」 と、そのハイビジョン・月面映像が素晴らしかったので記事にしたいと思います。


 さて ” 食べものブログ ” っぽくなりますが、隣接した食堂で 「天の川カレー」 を いただきます。 粉チーズが天の川で、ばらまかれた野菜が星々のようです。17 天の川カレー  

  味は …… カレー です。   (^^) 

 続きの JAXA筑波宇宙センター & NASAケネディ宇宙センター もご覧ください。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/27(金) 09:03:08|
  2. 航空・宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M20 三裂星雲

 三裂星雲は何度も撮影していますが、シャープに撮るのを難しく感じていました。 今回は多少ですがよい方向かな…?と思います。  (5月撮影)
M20 new本文r M20 new ←拡大してご覧ください。
TOA150 reduced830mm焦点撮影,L:8'x10 full,RGB:各4'x6 2x2bin

 M20といえば、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた原始星からのジェットが衝撃的でした。ジェットは下図の
のところで見つかりましたが、何かカタツムリの角のような感じでした。 ただし長さが 0.75光年の角ですが…。 
 ご覧になったかたは多いと思いますが、以下のハッブルサイトからもう一度いかがですか。
    
 
 http://hubblesite.org/gallery/album/pr1999042a 
M20 ジェット 

こちらは、掲載済みの9cm屈折(400mm焦点)での画像です。 これくらい引くと、宇宙のなかに浮かんでいる感じがします。
M20sky90本文 

南天のにぎやかな星空が早く戻って欲しいですネ。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/24(火) 16:11:07|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M17  オメガ星雲 

 7月10日の撮影です。 M17は南天に低く、この季節に撮れたのは大変ラッキーでした。  
M17 150 本文
M17 150 拡大してご覧ください。
   TOA150 830mm焦点撮影 L:4'x6枚,full RGB:各3'x4枚,2x2bin
 周辺には、淡ーい星雲がだいぶ広がっているので、空がクリーンな際に露光時間を増やして撮ると面白いかも知れませんネ。 

 以下は以前にSKY90 FL≒400mmで撮ったものです。 (データ不明でした。 m(__)m )
M17 本文 

それではまた、お会いしましょう…。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/20(金) 09:52:03|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未明のにぎわい - 月と星々

ここのところ、惑星達が月に接近したり隠れたりしています。 16日未明 薄雲越しに撮影した写真です。 前日の木星食は残念ながら見られませんでしたが、その10数時間後にはもうこれだけ離れてしまいました。 
月木金 

スバルは右上の隅にかすかに写っています。(説明しないと判らない写真です) (^_^;)
月木金スバル 

カペラが入るくらい引いて、20秒(固定)露出,ISO400 です。 アルデバランもかすかに写って来ました。
月木金スバルカペラアルバラ 
説明の要は無いかと思いますが、一応…。
月木金スバルカペラアルバラ説明


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/17(火) 10:26:11|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC6960 網状星雲 はくちょう座

10日夜~翌朝は、久々の星空に恵まれました。 たびたび網状星雲を撮影していますが、今回は、4.2等星の#52星付近のアップです。 この、ひときわ明るい星にからみつくような『 網 』の様子は、とりわけ美しいと思います。
N6960 n '12-7 本文
N6960 n '12-7 MAX. に拡大してご覧ください。
TOA150 reduced(fl 830mm)焦点撮影 L:8'x8 full,  RGB:各4'x6 2x2bin

 NGC6992 (東側) へもお立ち寄りください。

こちらは、 昨年 約400mm焦点で撮影したものです。
N6960 blog 本文  

 Gallery/星雲・星団 にはその他 掲載されていますので、お立ち寄りください。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/13(金) 09:19:48|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スバル,木星,金星+アルデバラン

 タイトルでの順番のように上から並び、金星の隣にはアルデバランも並びました。
10日 AM3:40 頃の撮影です。
 空は白みかけていたのですが、スバルを写したいのでCCDカメラにデジカメのレンズを付けて、シャッター速度を1秒に押さえて見ました。 RGB合成としたのですが、過敏に色を拾ったのか?雲の色は現実と少し違うものとなりました。
金木スバル 
 こちらは、デジカメ版です。
金木スバル 天文台 

 これは 4月に投稿した記事の 同メンバー達の写真です。アルデバランは左上方の枠外です。 こちらは逆の夕暮れですので。
金木スバル 

 今後、木星、金星の 「食」 、月の接近などなど話題豊富ですネ。 晴れ男各位には、よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/11(水) 15:02:21|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M57 リング星雲,こと座ベータ星 & 「がんばれにっぽん」

 
 星が見えないうっとうしい夜が続きますが、ヒッグス素粒子発見のビッグニュース、そして間もなくオリンピック開幕など期待やら楽しみもまた格別と言ったところです。

 今回は5月中旬に撮影した画像での記事です。 1.6倍エクステンダーを付けての撮影です。

M57 X1.6本文
M57 X1.6 new 拡大しご覧ください。
 いずれも、TOA150 x1.6extender fl.1760mm焦点。 L:3'x6, RGB3'x4each-2x2bin

 こちらは旧画像で、830mm直焦点撮影・比較用画像です。
 
M57 旧比較用 
 トリミングでの拡大にも結構耐えているようですが、はてどちらがよいでしょうか…。
M57 Dd 



 話し変わって、こと座のβ星 「シェリアク」 は、M57のすぐお隣にある「食変光星」です。 食変光星には、アルゴル型,おおぐま座W型,そしてこの 「こと座β型」 と3種類あるそうで、まあ難しいことはさて置くとしても、3派閥の一派を成すのですから大したものです。
  またシェリアクは幾つかの星を伴う連星ですが、写真の伴星は7.2等の3番目のものと見られます。

こと座β 




 さて以下は、お遊びです。
 リング星雲に代り、金環日食リングに登場してもらい …
『ガンバレにっぽん』 ! 
   五輪旗 
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/05(木) 20:56:31|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼ

田植えが済んだあとの水田を吹く風はさわやかです。 遠方にいちごのビニールハウスが並びます。
水田01 

スカイツリー,浅草方面行き急行電車が、田んぼの中の無人駅を通り過ぎます。
水田02 急行電車 

大型田植え機では隅々まで機械が届かないためか、手植えで補います。
水田17 農作業 

2毛作の盛んな北関東の田植えは、少し遅れて梅雨の最中がピークです。 しかしその大変な農作業も今ようやく済んで、田には色々な生き物が見られます。

『 かぶとエビ 』  体長1~2cmです。 雑食で田んぼの草を食べてくれます。
水田03 兜エビ 
現在飼育中。 
水田03 兜エビぺあ 

これは 『 ほうねん(豊年)エビ 』 赤いのが尻尾、下に目が見えます。 1~2cm。
水田05 豊年エビ 

これは 『 げんごろう または ガムシ 』 と呼ばれる昆虫です。 1~1.5cm
水田06 ガムシ 

『 あめんぼう 』 ですが、特に大きな種類のようです。
水田07 アメンボウ 

ヤゴか、ガムシなどの幼虫だと思います。
水田08 幼虫 
これは嫌われモノの親分格 『 ひる 』 です。
水田09 ヒル 
この他にもオタマジャクシ、蛙は無数に。 メダカ類、たにし、などなど種々雑多です。

広大な地に広がる水田に公平に水を引くには、我々の知らない多くの難題や労力があるのだと思います。 公共の揚水ポンプで1mくらい水位をあげて満遍なく水を流しています。
水田10 水路 
立派な灌漑施設により、我田引水、水争い…などという言葉も、農業の世界に限ってはとうに死語になりましたが…はてさて…。
水田11 水路 水田12 水路

この駅は水田に囲まれています。利用者も限られており無人駅です。 数百m離れた田んぼのなかの県立高校の利用者が大半なのでしょう。 水田13 無人駅
館林市と足利市のほぼ中央にある 『 県(アガタ)駅 』 です。
水田14 無人駅サム 水田15 無人駅サム
急行は一気に通り過ぎます。
水田16 急行電車 

四方田んぼに囲まれた学校は珍しいらしく、映画ロケにも利用されました。
水田18 学校 
上は学校の南側、下は北と東側です。 西側も田んぼです。
水田19 学校 
田んぼのなかの自販機。
水田20 自販機 

どうもお疲れさまでした。
水田21 松葉ぼたん 


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/07/04(水) 12:15:06|
  2. 郷土
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア