天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

秋の星空   新潟県 魚沼市 2

 前回の 「南天の天の川」 の続きです。

 越後三山とは 「八海山」 「中の岳」 そして 「越後駒ケ岳」 と言われます。 その 「越後駒ケ岳」 への登山口は、奥只見につながる山中にあり 標高は1000m強で、なかなかよい星空です。

 アンドロメダ座のM31とミラクですが、下の M33(さんかく座)は、思ったより暗く、何とか存在が分かる程度でした。

M31,33合成 説明 2'x4 ISO 1600

 これだけでは寂しいので、以下 「ギャラリー/ギャラクシィ」 より、M31,M33です。
M31 New  M33  

 カシオペア座付近の天の川です。
カシオペア周辺
 1.5'x4 ISO 1600

 ペルセウス座とスバル(おうし座)が昇って来たところです。
ペルセウス,昴
 1'  シングル ISO 1600  (上下共)
スバル 

 それでは、またお会いしましょう

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/31(金) 14:31:35|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC 7318  ステファンの五つ子 ペガスス座

 地球からの距離が、2億8000万光年となると撮影は大分難しくなってきます。 24日(金)夜半はどうやら雲行きもよさそうだし、10時頃月も隠れたのを見計らい 撮影を開始しました。

 FL.830mm では大きくは写りませんが、微光なのでこの程度にしておきました。

ステファン new 本文
 TOA150 fl:830mm L:12'x10枚 RGB:各4'x6枚(2x2bin)   計192分ですが、まだ充分ではなかったようです。 

 長さ比 2倍くらいのトリミングでの拡大です。
ステファン new UP 

 蛇足ですが、一応記号を入れておきます。 NGC7320 は、五つ子の一つですが、距離は5000万光年と他の兄弟達より近い位置にあります。 よくまあ絶好のポジションに居たものですネ。

ステファンNew 説明 

 でも何億光年もかなたの物体(天体)をアマチュアが手軽に撮れるのですから、道具の進歩には大変感謝しています。  

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/28(火) 12:48:07|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南天の天の川 [夏から秋へ]    新潟県 魚沼市 1

 おいしいブランド米 「魚沼産 コシヒカリ」 で有名なところです。 街を出て山中を しばらく行くと登山口になっている駐車場があり、そこで陣取り撮影しました。

 夏も終わりに近づいた南の空は、立派な 「魚沼産 ホシヒカリ」 でした。

天の川 01
天の川 02 3'x6枚 ISO 1600

 秋近し… さそりが傾くのも大分早まりました。 この丘の登山道を少し進めば視界が開けるかも知れませんので、いつか明るいうちに到着してトライしようと思います。
さそり座 
 それでは、またお会いしましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/26(日) 09:29:50|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M27 亜鈴星雲 こぎつね座

 何度も撮影しているポピュラーな惑星状星雲ですが、Hα 線を強調するとどうなるか? …と言うことで撮ってみました。 
 
 Hαフィルター有りの画像です。  拡大画像で淡ーい部分に、僅かですが差が見られ、外側に向かう輝線があるのかナーという感じがします…か?。    (^_^;) 
M27 8.19new-Ha本文
M27 8.19new-Ha ←MAX.に拡大してご覧ください。
TOA150 830mmFL L:4'X6(full)  Ha:12'X4(full)  RGB:3'X5 each(2x2bin) +Ha soft bin for the red,   

 以下は、Hα なしです。 まあこれも一局で、赤みは抑えられるものの、どちらがどうと 「うんちく」 を傾けるほどでもないようでした。 
 このクリーンな透明感が何とも言えない感じがしています。

M27 8.19new-PL本文
M27 8.19new-PL これもMAX.にして 淡ーい部分をご覧ください。

 どうも、お疲れさまでした。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/24(金) 09:11:26|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペガサス,アンドロメダ そして 北斗七星  浄土平 '12.8.9 - 2

 浄土平での撮影続きです。 深夜になるとペガサスが高度を上げてきます。 …が、お月さまも 「こんばんは…」 のようです。
ペガサス,アンドロメダ 

M31(アンドロメダ銀河)は 上の写真でも写っていますが、下は 「ミラク」 からM31付近のUPです。
M31 

市街地では、水をいっぱいに溜められる柄杓(ひしゃく)の姿を見られるチャンスは少ないですネ。
北斗七星 
どうも このアングルはジェットの飛行コースのようで、かなりジャマでした。 「もう それでしたら一緒にどーぞ…」 と言うことで。
北斗七星,ジェット  
 
 「 浄土平 1 」 は、こちらからどうぞ。

 
それでは、またお会いしましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/21(火) 09:56:56|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明け方の水星,金星,そして…

 内惑星の最大離角と言う難しい定義がありますが、15日が金星の、16日は水星の西方最大離角でした。 早い話し、明け方の空に明るく高くなり、特に普段なかなか見られない水星を探すには、数少ないチャンスです。
 金星は何とマイナス4.3等 (これは明るかったデス…)、水星が0(ゼロ)等級、おまけにマイナス2.2等の木星も加わり、おうし座、ぎょしゃ座、オリオン座の一等星たちも、たじたじ…です。 但し、水星は低空のためか肉眼では分かりませんでした。

 以下は月と金星ですが、下のほうに水星とプロキオンが隠れています。 16日am4:10頃の状態です。
01 月金星 
 トリミング拡大での水星とプロキオンですが、まだ見にくいですネ。
02 月水星プロキオン 
 こういうことですが、水星は 写したと言うより、写っていたと言うべきか。
03 水星説明 
 更に水星の拡大です。
04水星月UP 
 一方金星の上には、木星,その右にアルデバラン,そしてオリオン座などです。
05 オリオン金木 
 木星の上には、スバルです。 またまた 枠ギリギリでした。 (^_^;)
06 オリオン金木スバル 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/17(金) 14:56:36|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天の川 - 浄土平 '12.8.9 - 1

 今回はGPV情報を頼りに 「浄土平」 に出かけました。 登り道の途中にかかっていたガス帯を抜けると、美しい天の川が待っていてくれました。  下弦の月が昇ってくる前に撮影です。

 天頂はよい条件で、大三角も星々に埋もれるほどでした。 普通のカメラですので、北アメリカ、ペリカンなどを赤く写し出すのはあきらめです。 少ーしだけ赤い感じがしないでもないですが。

大三角 3Comp 

 さて下の写真ですが、左上ギリギリ (^_^;) の明るい星はアルタイルです。 いて座は何とか低空の雲の上に顔を出しています。 さそりは雲に隠されてしまいました。 
 天の川が 明るい雲海に滝のように流れ込むようです。 

南天天の川  

 これはデネブからやゝ北よりです。 画像背景の明るさが色々になりましたが…。
白鳥-ケフェウス 本文 

 蛇足ですが、こんな感じです。 
白鳥-ケフェウス説明  

 ガーネットスターの記事は、こちらからご覧ください。

 
 「 浄土平 2 」 へもお立ち寄りください。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ  
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/14(火) 10:20:27|
  2. 星野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC6992 網状星雲 (東) はくちょう座

 網状星雲の東側です。 投稿済の NGC 6960 (西側) と対を成す繊細な星雲です。 今回はとりわけ網っぽい、上方 (北部) のディーテイルを狙い撮影しました。
網 東 7-17本文
網 東 7-17 
TOA150 830mm焦点撮影 L:8'x10枚 full, RGB:各4'x6枚 2x2bin.  7月10日頃撮影したものです。

 投稿済ですが NGC 6960(西側) ヘもお立ち寄りください。

 以下は、400mm焦点のものと、今回の撮影範囲です

網状 撮影枠  

 外国では Veil Nebula (ヴェール星雲 : 勝手な意訳で 「天女の羽衣星雲」 ) と呼ばれるようですが、この呼び方も悪くないですネ。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/09(木) 10:00:18|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC 7635 バブル星雲 & NGC 7654 散開星団

 月明かりでしたが、贅沢も言っておられず、月に背を向け北天方面を撮影しました。 

 カシオペア座のバブル星雲 (しゃぼん玉星雲) と、散開星団(NGC 7654 )は、程よい距離で隣接しています。

N7635-7654本文
N7635-7654 
SKY90 FL407mm L:8'x8枚full, RGB:各4'x6枚 2bin

 以下は、Gallery/星雲星団 に掲載済みの、 FL830mmでの画像です。アングルが少し異なリます…。 (^_^;)

N7635 バブル a

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/02(木) 09:37:23|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア