天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

IC443 くらげ星雲

 おなじみの くらげ星雲です。
くらげ カラー 本文 
 ディテールなどは、色々手を加えないスッピンのモノクロがよいと思います。 Hαの画像です。
くらげ モノクロ本文
くらげ カラー Fくらげ モノクロ 拡大はこちらで。
SKY90 407mm  Ha:15'x8  GB:各4'x6  (合計168分)

 最近 『ポチッ』を だいぶ頂きまして、大変ありがとうございます。 これに何とかお応えできるように…と 思っております。 今後ともよろしくお願い申し上げます。  m(__)m (*^-^*)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/29(木) 09:43:24|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC 281 パックマン星雲 (ナローバンド)

 11月24日(土)、月は明るいけれども、空の空気は澄んでいたので ナローバンドで撮影しました。 S/N比 改善のため 今度はコンポジット枚数を増やしましたが、それでも もうひと息ッ…という感じです。 とは言え、露出時間が 7時間に及びましたので一晩での撮影限界といったところです。     _ノフ○
N281 m dカラー本文
N281 モノクロ本文
N281 mappedカラーN281 モノクロ 
TOA150 830mm   Ha:15'x10   S2:15'x10   O3:15'x8  (合計420分)    モノクロは Hαのみ。

 以下は大分以前の LRGB画像ですが、不覚にも撮影データは不明でした。  m(__)m  でもこのほうが パックマン に近いようです。

NGC281 比較 
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ 
にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/26(月) 11:41:46|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IC5067 ペリカン星雲 ナローバンド画像

 ここのところ、Hαフィルターを使って撮影をしていますが、このたび他のSⅡ,OⅢなどのナローバンド(narrow band)フィルターが手に入りましたので早速トライしました。

 対象は大変ポピュラーな ペリカンの首まわりです。

ペリカン NB-lrgb 本文
ペリカン NB-lrgb  Ha:15'x6  S2,O3:各15'x4  (計210分)
 トライ…と言うと 言い訳を言いやすくて重宝な言葉です。 早速ですが、コンポジット枚数がかなり足りませんでした。 マップドカラー(mapped color)は米国などの上級アマチュアにポピュラーのようですが、これ等のS/N比が良好な画像は、合計10時間規模の露出(枚数)…中には20時間にも届きそうなものもあるほどでした。 何日もかかりますネ。 また、暗くなるので ピント合せもやりずらく 気長にやることが肝要のようです。 どーも気の短い人には向かないようです。 (^^) 

 以下は別な撮影による画像ですが、L (ルミナンス)と 赤 に Hαを使い、緑,青 は普通フィルターを使用した画像です。 これでも普通のLRGB 画像よりも、ディテールがずっとよく写ります。 また これなら短気なかたでも大丈夫と思います。 
ペリカンtoo 本文
ペリカンtoo lrgb 
 Ha:15'x6   R:softbin.   G,B:各4'x6 (2x2bin.)


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ 
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/22(木) 13:23:59|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカイツリーが見えた! そして紅葉  足利市両崖山 

 足利市街のすぐ背後には、両崖山「りょうがいさん」という 高さ240mくらいの小山が有り、ハイキング客でいつも賑わっています。
 秋から冬へと空気が一段とクリアになり、頂上付近の展望台から 「スカイツリー」 や東京の 「高層ビル群」 が見える様になりましたので、紅葉の風景と共にそれらをご紹介致します。

 はるか地平線 左のほうに 「ツリー」 右は 「高層ビル群」 です。

ツリーと新宿 
 トリミングでのアップです。 展望台の形もかすかに感じられます。
ツリー UP 
 写真では、かすかに…ですが 富士山も見られます。
富士山11 
 北方に連なる山々のかなたに 日光の男体山が見られます。 
男体山1 
 ジェットと月齢4.6の月です。両崖山\ジェットと月cmp
 頂上 手前の岩場のすぐ上が展望台です。
両崖山展望台 
 尾根道が多く 「両崖山」 の文字通り、両側が崖です。
尾根路   
  頂上は「足利城跡」 ですが、かたわらに「タブノキ」という 「くすのき科」 の樹齢250年の古木があります。 
タブの木 足利城跡
 今(11月18日)は 紅葉の見頃です。
山寺 両涯山ふもと 
紅葉1 
 深い緑に囲まれた孤独な彩りを、山あいから一筋の夕陽が照らしています。
題して 『スポットライト』

スポットライト  

  どうもお疲れ様でした。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/11/19(月) 15:37:49|
  2. 郷土
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC 2174  モンキー星雲

 モンキー星雲(モンキーフェイス星雲)です。ふたご座からオリオン座にかけて、モンキーやら くらげ、かに、うま(馬頭)…と動物名のポピュラーな星雲がいっぱいですネ。 これらを撮影していますが、まずは モンキーから。
モンキー カラー本文
モンキー カラーモンキー モノクロ  拡大してご覧ください。
SKY90  407mm  L:8'x6   Ha:15'x8   RGB:各4'x6    モノクロは、Haのみです。

 上下回転すると 「モンキー」 に見えますが、何か 「〇〇原人」 の様な感じですネ。

モンキー 原人  


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村






関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 10:05:53|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M74 うお座の銀河

 久々の銀河です。 メシエ天体としてはマイナーですが、ハッブル望遠鏡の画像では渦巻のディテールや HⅡ 領域の美しさに感動したものでした。
 でも、何千万光年かなたの天体の撮影は、難しいですネ。

M74 12-11-7 本文
M74 12-11-7 TOA150 830mm  L:8'x6  Ha:15'x4  R:softbin  GB:各4'x6 


 ハッブルのM74を 既にご覧になったかたも多いと思いますが、ここで再度覗いて見ませんか。
 
     http://apod.nasa.gov/apod/ap071201.html



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/13(火) 09:34:21|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IC5067 ペリカン星雲 クローズアップ

 ペリカンの頭から首にかけての部分です。 この部分は何度か撮ってきましたが、今回はHαフィルターを入れたので少しシャープに なったと思います。
ペリカン11-3本文
ペリカン11-3 
TOA150 L:8'x6 Ha:15'x4 R:softbin RG:各4'x6


 以下をご覧になった方は多いと思いますが、参考に APOD (Astronomy Picture of the Day) のペリカン星雲の同部分の画像をご紹介します。 
    http://apod.nasa.gov/apod/ap111126.html


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


 なお、APODの画像はアマチュアの Martin Pugh さんというかたの Copyright ですが、上のリンク画像内のこの名前をクリックすると、2012年のベストフォトに輝いたM51の画像も見られます。Maxに拡大するとまさに圧巻です。 「ポチッ」 10回分くらい…か。





関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/09(金) 10:51:00|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

vdB142 象の鼻  ケフェウス座 散光星雲より

 象の鼻が伸びるような様子を撮影しました。 
像 lrgb 本文
像 lrgb
 TOA150 830mm Ha;20x5 R:softbin GB:各3'x10

 しかし、なぜ 「象の鼻」 なのだろうか? ブツブツ…。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/06(火) 10:10:25|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォックス・ファー星雲  The Fox Fur Nebula

 コーン星雲の上部のほうに フォックス・ファー星雲と呼ばれる部分がありますが、キツネの毛皮の様子を捉えるのにはなかなか大変です。 

 さて キツネはどこ?
F Fur HL-softB R LRGB本文 
TOA150 830mmFL  Ha:20'x6  L:8'x6  R: softbin  GB:4'x6
F Fur HL-softB R LRGBF Fur H L  

F Fur 説明 
 四角に囲ったところをアッブしたのが以下の画像です。
F Fur HL-softB R LRGB UP  

 以下のリンクは、 『 カナダ フランス ハワイ 天文台 』 撮影のキツネの毛皮画像です。 素晴らしいですネ。
    http://apod.nasa.gov/apod/ap080422.html


 上のリンクは、時々繋がらないことがあるようなので、その際は お時間がありましたら以下よりお探しください。  素晴らしい毛皮が沢山あります。
         http://search.yahoo.co.jp/search?p=The+Fox+Fur+Nebula&tid=sb-necctp_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=sb-necctp_sa&b=1



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/02(金) 12:26:37|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア