天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

国立天文台 三鷹 2

 9月の記事の続きです。
 三鷹天文台ではアナログ時代の研究者達の知恵と工夫と不屈の精神に感動し、今の時代は便利な有難い世の中なんだな~ということを、改めて思い起こさせてもらった次第です。 少しばかり有難過ぎる部分もあるようですが…。

 このドームは第一赤道儀室と呼ばれ、三鷹天文台最古の建物です。 古色蒼然とはまさにこのことで何か宮崎 駿さんの世界のようです。

01 第1赤道儀室 
 中にはカールツァイス製 20cm屈折鏡(fL359cm) が納まっていました。 F値はほぼ18ですので随分長~いです。 1939年から何と60年間も太陽の黒点観測を続けたとのこと。 右の写真で、接眼部下に紙が見えますがここに投影された太陽をスケッチしたそうです。黒点は日々の変化を記録することが大切だとの説明がありました。
02 20cm鏡 04 20cm鏡 
 驚いたことは、追尾システムは 『 重錘式時計駆動 』 なるもので、支柱内に仕組まれた重錘が落ちる力を速度調整装置でコントロールし、それを駆動力として追尾したことです。そんな方法でよくもまあこんな(電信ばしらのような)望遠鏡で撮影をやったものです。昔のアナログ頭(あたま)はすごいものです。

 下は1930年に建設された「アインシュタイン塔」と呼ばれる太陽の観測装置で、アインシュタインの一般相対性理論を太陽光の観測から検証する目的で建てられたものです。

05 アインシュタイン塔06 アインシュタインtop 
 塔全体が望遠鏡の筒になっています。トップのドーム部分には太陽追尾機能を持つ2枚の直径60cm平面鏡が、直下の固定対物鏡(45cm径 fL14.5m)に太陽光を導き下のコリメータレンズ、プリズムで精密分光観測が行われました。
 太陽の重力で太陽光スペクトルの波長がわずかに長くなる現象…アインシュタイン効果…を検出する目的 (サッパリ解りません(^皿^)) でしたが、残念ながら検証はできなかったそうです。 しかし戦後改良され、黒点磁場やフレアの観測では世界的に注目された成果をあげたそうです。

07 アインシュタイン解説  

 これは相当古い1880年ドイツ製の子午儀です。子午儀とは…?当方もあまりよく知らなかったので調べてみました。(以下先刻ご承知のむきも多いかと思いますが)。
 恒星の子午線通過の観測に基づいて,恒星の赤経,通過の時刻,観測地点の経度のうち二つを既知として,残りの一つを決定するための天文器械。…ウィキペディア

 今や天体はデータベース化されていますが、当時は眼視で計測したのですから大変な労力だったと思います。
08 レプソルド 11 レプソルド子午儀室
 またアストロアーツ2011年6月によると、レプソルド子午儀は、1880年(明治13年)のドイツ製で、翌年日本政府の海軍省海軍観象台が購入し、1888年に東京大学東京天文台(現・国立天文台)が発足した際、東京天文台に移管された…とありました。 その後長期にわたり活躍したそうですが、1949年、1962には本格的観測星表を出版し役目を終えました。
 上右はレプソルド子午儀が納まった観測室です。

 以下はゴーチェ子午環なるもので、天体の位置観測に使用されたものです。これも蛇足ですが、子午環は子午儀に目標天体の高度を測定する機能を付加したもので、これを用いると天体の赤緯や観測地の緯度も測定できると言うことでした。 説明パンフとウィキペディアの合作。
 
 09 ゴーチェ
 ゴーチェ子午環が納まった観測室(建物)です。ロマンチックな雰囲気です。  
10 ゴーチェ館 
 ゴーチェ子午環観測室のお隣に並ぶのは、自動光電子午環の建物です。 当然ながら眼視観測に比べ精度、速度共に飛躍的に向上したそうです。今は機器の資料館になっていました。
12 資料館
  
 
 三鷹市は、今では人口密集地で星空は望めませんが、ここは森に囲まれ喧騒も無く、また思いのほか広くよい環境でした。 当時の三鷹村はさぞかし美しい星空だったことでしょう。   

                                                                             国立天文台 三鷹 1 へ

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/31(木) 20:26:51|
  2. 航空・宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハート星雲IC1805中心部 メロツテ15

 メロッテ15は、ハート星雲(IC1805)の中心部にある散開星団ですが、その周囲にある星雲は、星団と共に天体写真の対象として結構ポピュラーです。
 また、Wikipediaによると、この散開星団の星は太陽質量よりずっと小さいものが多いが、幾つかの星は巨大で太陽質量の50倍くらいにも達するそうです。
 
メロッテ15 H-SHO  
 TOA150 830mm   S2:20'x6  Ha:20'x6  O3:20'x6   計360'   SAO合成     10/16撮影

 以下は昨年SKY90で撮ったAOO合成のハート星雲と今回の撮影範囲です。

メロッテ15 撮影位置 

 以下 はAOO合成です。
メロッテ15 HOO b 
 星雲の複雑な形状の部分をトリムUPし、更にトーンカーブ調整、マルチバンドシャープなどの処理を加えてみた画像です。
メロッテ15 H-SHO up 

 質量が太陽の50倍の星はどれなのでしょうネ。そんなに巨大だと核融合反応が大変活発で星の寿命も短く、終末では超新星爆発を起しブラックホールが誕生する(可能性が大?)…と言われますがどうなんでしょうネ…。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/27(日) 10:28:17|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

vdB142 象の鼻 ケフェウス座散光星雲

 大型散光星雲 IC1396の中にある象の鼻と呼ばれる部分は、vdB142とかIC1396Aと呼ばれています。  今回はハッブルパレットでの画像です。  10/13撮影。
象鼻a 131013H-lrgb 
 TOA150 830mm fL  Ha:20'x6  O3;20'x6  S2:20'x6 (計360') SAO合成 下はAOO合成です。

 実際はHα、SⅡどちらも赤の波長ですが、Hαを緑(G)に、SⅡを赤(R)にしているためSⅡバンドが強い部分は黄色が濃くなります。 従って両者の分布が分かる…と言うことになりますが、それよりも画像を楽しむだけのアマチュアは、コントラストがより出てくれるところにメリットを感じます。

 ナショジオ '13-7-30 の記事によると、この星雲は2400光年のかなたにあり、このエリアに誕生から10万年に満
たない幼い星が200個以上含まれているそうです。
 それにしても不思議な形です。
象鼻 131013 HOO


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/20(日) 16:45:12|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC6960 網状星雲(西)

 網状星雲の今年の撮り納めです。8月は雲に邪魔され枚数不足のままアップしましたが、今回追加撮影することができましたのでご覧ください。
 このアングルが好きなので、左方向を北にしています。

網西131012 rgb
 TOA150  830mm fL    Ha:20'x9   O3:20'x10   計380'  (枚数は前回との合計枚数) AOO合成

 星雲本体上下(東西)にある淡~い部分を…と狙いましたが、充分出ませんでした。そのためには もう少し枚数を増やす必要がありそうです。そうすればざらつきも減るでしょうし…。 まあ来年の課題と言うことで…。

網西131012 rgbアップ 
 以下はHα画像です。モノクロだと周辺の淡~い部分は結構出ているようですがカラーにすると(OⅢに?)食われて(?)しまうのでしょうかネ~。
網西131012 H s 
 以下はOⅢ画像です。
網西131012 O

 以下は白黒でのHαとOⅢの単純合成画像です。
網西131012 白黒合成 


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/15(火) 16:32:09|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィザード星雲 & 散開星団NGC7380

 ケフェウス座にある NGC7380は、星雲内に散らばる散開星団を指していて、この変化に富んだ星雲にはどうもカタログNO.が見当たりません。
 しかしニッネームの通り何となく「魔法使い」のイメージです。「魔女の横顔」ほどピッタリではありませんが、なんとな~く恐そうな感じがします。
 
N7380 HSHO 
 TOA150  830mm fL   Ha:20'x8  S2:20'x6  O3:20'x7  (計420分)  SAO合成

 星の形成・誕生が盛んのようです、星雲の中ほどに何だか変なものが写りました。下の画像で少し赤っぽく透明感がある部分です。 少し調べましたが何も出てこなかったので何でもないかも知れませんネ。あるブログでは、カシオペア座のシャボン玉星雲のように、恒星風がガスを膨らませているのではなかろうか…?という意見がありました。
N7380 HSHO-lrgb up用1 

 下はAOO合成です。
N7380 HHoo 

 「Wizard」 の意味を調べてみたら、魔法使いのほかに、名人、専門家、天才 とか、コンピュータの 操作ガイド機能 のウィザードもこれでした。 なんだかそれぞれが関連がなさそうな気がしますけど?  でも魔法使いは一種の名人か…、またコンピュータも魔法のようなものですかネ~。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/10(木) 20:05:51|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ced214 ハッブルパレットでクローズアップ

 ケフェウス座の散光星雲ですが、予定通り クローズアップ撮影です。 モクモクの部分にはSⅡバンドを結構含むンではなかろうか…と考えハッブルパレットをやってみました。
ced214sao toa
   TOA150   830mm    S2:20'x6   Ha:20'x6   O3:20'x7   (計380分)  SAO合成 
 
 以下はAOO合成です。

ced214AOO toa

  クエスチョンマークのイラストは再登場ですが、今回は大分狭い範囲を写したことになります。
ced214説明toa 

 さて、もう少しディテールを見られないものか…と トリムUPして見ました。星雲の右のほうは暗黒帯が入り組み やや淡く、左は明るく密度も高そうなので別々に切り出し、それぞれに合わせて画像処理しました。
ced214sao toaUP 
 上は右部分で、下は左のほうです。 結構盛んに何かが起きている感じですネ…。
ced214sao toaUPleft 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/03(木) 09:46:20|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (213)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア