天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC2798 やまねこ座の近接銀河 Arp 283

 ここのところ接近or衝突中などの特異銀河/アープカタログを物色し、撮影しています。
 
 Arp283は、ヘの字のNGC2799が大きいほうの2798に吸いこまれそうに見え面白そうでしたが、大分遠いためか中焦点では小さ~くなってしまいました。
N2798 L-lrgb
 TOA150 fL830mm   F5.5 L:10'x18  RGB:各4'x8(2x2bin)   計 276'  LRGB合成

 L画像(白黒)で拡大してみました。 互いに影響し合っているのが何とか分かるような気がします

N2798 L

 距離は?…と興味が湧きますが探し当てられませんでした。明るさは12.3等と14等級でした。 上部中央にかすかに写っているのは PGC26231(16.6等) という銀河ですがこちらのほうは、はるか何億光年か…なのでしょうネ~。 (等級は何れもステラナビより)
N2798 Lrev

 大きいNGC2798の下のあたりが2799のへの字につながりそうに見えますが、この先どうなるのか…?

 これは米国にて、80cmクラスで17時間くらいかけて撮影されたこの銀河です。 これを見ると2799は既に壊されているような感じですネ…。


にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/30(水) 10:31:56|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC 5395 りょうけん座の衝突銀河 Arp.84

 アープさんのカタログから、我々アマでも何とか撮れそうなものを物色しトライしています。 
N5395 L-lrgb
 TOA150 fL830mm  F5.5   L:10'x10  RGB:各4'x6 (2x2bin)    計 172分  LRGB 合成

 大分粗れますが拡大後少し手を加えてみました。上(北)にかすかに2本のアームが見られる小さいほうがNGC5394です。何だか引きずり込まれそうです。
N5395 L-lrgbup

 反転して濃淡を強調してみましたが…なかなか難しいです。大きいほうも何だか乱れている感じですネ。
N5395 Lrv

 距離は諸説あるようですが、1億6000万光年…と推定されています。
 1億を越し13等級前後になると大分難しくなりますが、まだ他にもありそうなので探してみたいと思います。

 ちなみにアープアトラスはこれを見ています。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/25(金) 10:50:16|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC5566 おとめ座 衝突銀河 Arp 286

 Arp 番号 ・・・ン? と言うことで調べてみました。
…ホルトン・C・アープ (Halton Christian Arp)さんという米国の天文学者が、銀河同士の相互作用や合体の様子を集めたカタログ(アトラス)を1966年に発表しました。 アープ・アトラスは他の天文学者にも研究され高く評価されて来たのだそうです。…Wikipedia より

 Arp 286までの距離は、9000万光年…とアマチュアにとっては大分遠い対象です。下の画像は若干トリミングした画像です。(食パンの耳を落とした程度) NGC5566は画像中央の大きな銀河で、差し渡し15万光年と言われます。

N5566 L-lrgb
 TOA150  fL830mm F5.5    L:10'x18  RGB:各4'x6(2x2bin)   計 252分  LRGB合成

 L画像(白黒)のほうが見易いのでグーンとトリムUPし、手を加えてみました。NGC5566は棒渦巻きのようです。右の引き伸ばされ、ゆがめられ可哀そうなくらいなのは 5560、左のかすかに写っているのは15等級の 5569 です。

N5566 L

 どうなっているのか、もう少し…と言うことで反転して目いっぱい感度UPしてみました。
 小さい 5569もA部を見ると大分影響を受けているような感じです。 5566も相互作用のためか引っ張られたように長い円盤です。 B部に裂け目のように見えるのは大きなダストレーンです。C部にはそり返ったような形が見られます。

N5566 exp

 Arp Atlas には338組の相互作用銀河が収録されています。 Atlas of Peculiar Galaxies …特異銀河地図 と言うことで、一見すると多くは(普通の)アマチュア向きではなさそうでした。 しかしこのArp 286クラスなら何とか楽しめる限界なので少し探して見ようかと思っています。


にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/19(土) 09:53:08|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC5033 りょうけん座 セイファート銀河

 中心が明るく渦は淡~い銀河です。よいガイド星に恵まれず、トリミングしても無理があり日の丸構図にできませんでしたので6.5等の恒星と2ショットにしました。 (^-^;)
 北が左になっていますが、この方向の渦が上を向いていて、その反対側は下を向いているように見えます。それぞれの渦のアームも何だか(一本ずつ)独立しているようで不思議です。

N5033 Ldisi-lrgb
 TOA150 fL830mm F5.5   L:12'x6  RGB:各 4'x6 (2x2bin)    計 144分 LRGB合成

 とても明るい中心部には超大質量のブラックホールがあり、激しい活動をしている「セイファート銀河」なのだそうです。 また、過去に他の銀河と合体したと推測されています。 
 下はオリジナル画像から長さ比で50%以上トリム拡大したもので、アームを引き立てようと処理してみました。 APODで解説されている大きな散開星団は右下のアームや中央むこう側のアームなどに見られます。

N5033 Ldisi-lrgbup
 
 2012 August 17のAPOD 画像(上の画像とは上下反転しています)では、H2域や巨大散開星団が明瞭に捉えられており、活発に活動している銀河です。


にほんブログ村

 
関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/15(火) 09:09:18|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC4298, 4302 かみのけ座のペア銀河

 おとめ座銀河団に属する近接した銀河で、左のエッジオンがNGC4302、右が4296です。 距離は諸説あり 5200万~6000万光年とされています。
N4298 L-lrgb

 TOA150  fL830mm F5.5   L: 10'x10  RGB: 各4'x6(2x2bin)   計 172'  LRGB 合成

 銀河のサイズはエッジオンのほうは、わが天の川銀河と同じくらいだそうですからもう一方のほうは小ぶりな銀河ですネ。
 もう少しディーテールを…とトリムUP後手を加えてみました。色が違いますが何でしょうかね~。

N4298 L-lrgbup

 近接しているのに重力相互作用の影響は見られないようです。遠近方向に(画像直角方向に)それほど離れているのでもないようですし…嵐の前? 後?…。



にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/09(水) 10:56:53|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGC5371 付近の銀河 りょうけん座

 りょうけん座の東端、うしかい座との境界あたりにある銀河グループです。 
N5371 L-lrgb
  TOA150  fL830mm  F5.5     L: 4'x16   RGB: 各4'x6  全て2x2 bin    計 136分
 L(ルミナンス)も2X2binで撮っていますが、ノートリムのこの構図を維持したなかでは、適正な光度のガイド星に恵まれなかったため感度UPしノーガイドとしたためです。

 右下のNGC5351付近はヒクソン・コンパクト銀河グループ#68として分類されており、1億光年強の距離と推定されています。その右にやや赤みを帯びた天体はわが天の川銀河の恒星です。
N5371area.jpg
 NGC5353、〃 5354は影響し合っているようなので、この付近をじっくり狙ってみるのも面白そうです。ガイド星もこの付近ならよさそうなのがありそうです。

 (余談ですが、よいガイド星を得るためガイドマウントを色々な位置に固定してやってみましたが、よい結果を得られず少々がっかりポン状態でした。 現状システムでは、ガイド鏡 子亀しっかり固定方式がよさそうです)
 

にほんブログ村



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/03(木) 11:47:34|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (218)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (13)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア