天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

ホームペイジ 「衝突銀河」の頁を追加 更新

 関東から北はまだしばらく星空を望めないようです。…とそれどころか台風10号が心配です。
 こういう時はHPをメンテナンスしていますが、今回は衝突/近接銀河を中心に頁を追加して整理しました。このブログではその中から幾つか選んで見ましたのでご覧ください。

 先ずは M60 と NGC4647です。両者は地球からの距離が大分異なり見かけ上の近接状態…と見られていましたが、ハッブル鏡のおかげで相互作用が示唆(確認まで至らず?)されているそうです。 (アストロアーツ 2012/9月)
M60 Lb
 NGC3190 とその右のNGC3187です。3187は引っ張られるようにS字状に歪められ不思議な形になっています。
n3190_lrgb_disi.jpg
 NGC3227 と NGC3226 が大分激しく作用しあっているようで、スターストリームが周囲に見られます。
n3227_lrgb_up.jpg
 おおぐま座のNGC3718 です、下にヒクソン銀河グループ56が写りました(何とか5つに分解できました)
n3718_56_exp.jpg
 マルカリアンチェーンの一部です。左の「The eyes」と呼ばれるNGC4438を左に右のM86と一緒に撮りました。
n4435_lrgb_up.jpg
 NGC5257 と 5258 は絡み合うようです。
n5257_lrgb_up.jpg
 右のNGC5427 と左の 5426の腕が繋がり合っています。
n5427_lrgb_up.jpg
 NGC5566は左上の 5569 右上の 5560を引きづり込もうとしているようです。
n5566_l_only.jpg
 大きいほうの NGC5395 は自身も変形しながら、二本腕になったNGC5394 を捕まえています。
n5395_lrgb_up.jpg


 ホームペイジでは上の画像以外も載せましたので、お立ち寄りください。 こちらから新設の「銀河 2」 ペイジへどうぞ…。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/28(日) 09:21:36|
  2. Home
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天体観測講座

 所属する 某クラブのボランティア活動の一つとして、標記の講座を引き受けています。 ブログ用の天体画像は品切れ状態なので、今回はこのイベントを紹介させて頂きました。

 募集したら数十名(同伴の親を含む)も応募が…! そこで3回に分割。
 初回  お目当ての土星を見ることができ、大人も子供もしばし興奮。 
 2 回目 曇天で観望できず、天文台見学。 3回目はこれから。 

 観望,見学後は宇宙のお話しです。 元気過ぎる子を如何に集中させるかが課題。

02_20160817143250da0.jpg 

01_20160817143253b5d.jpg 

 光の速度は…? などとと子供達に問いかけ、ピンポーンなら下のJAXA鉛筆ゲット…! と、これで皆ピタリと真剣な眼差しとなります。
04_2016081714325209c.jpg 

天体画像での宇宙のお話しはPPで…。 以下は抜粋で 定番の「夏の大三角」~惑星、星雲。銀河…などなど
001_201608171433418fc.jpg 002_20160817143343c44.jpg

005_20160817143340381.jpg 003_20160817143344358.jpg

004_2016081714334664b.jpg 006_201608171435585f6.jpg

008_201608171436014ce.jpg 007_20160817143559704.jpg

 次は「Mitaka 4D2U」プロジェクトの画像で宇宙へ飛び立ちました。 りゅうぐうへ向かう「はやぶさ-2」までもデータ化されていました。
03_20160817143251761.jpg 

 「ターゲット」メニューの機能で土星のディテールなどが見られたり、火星に着地(着火?)できたり、さすがに3Dデータです。
004-1mitaka土星ad 004_火星ad

-----------------------------------------------------------------------------------
 雲が出て星を見られない場合でも、以上の画像やら、お話しなどで がっかりを最小限にできたのではないかと思います。

 最後に、JAXA鉛筆を全員に配ってお開きとしました。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/18(木) 10:47:01|
  2. Home
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sh2-140 付近 ケフェウス座

 久々の赤い星雲です。マイナーな散光星雲ですが、ネットで結構見かけます。 丸く明るいのがSh2-140 です。端の半月状の明るい部分が特徴です。
Sh2-140 H_disi-lrgb
  SKY90  fL407mm  F4.5   Ha:20'x6  O3:20'x5    計 220'  AOO合成

  この半月状の左の暗黒部分には50個くらい誕生後間もない若い星々が潜んでいるのだそうです。
 キットピーク天文台の4m鏡のモザイク合成画像をご覧下さい。
 Sh2-140 に向きあった星雲はとても淡い星雲です。かすかに走る暗黒帯も何とか捉えられました。

 位置はケフェウス王の五画形のなかです。
sh2-140.jpg

 8月7日(月)は夜半、珍しいほどにクリーンに晴れあがり、かすか~に天の川らしきものを感じました。 Sh2-140 周辺が何とか写ったのもこのおかげだと思います。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/10(水) 12:32:59|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の航空機の歴史 [所沢航空発祥記念館]

 日本の航空機の歴史を知りたい…と標記記念館へ行ってきました。 所沢にはブログ村の住人がおられたと思いますがお邪魔させて頂きます。
 ライト兄弟の初飛行が1903年、日本での初飛行はその7年後の1910年(明治43年)代々木練兵場(現在の代々木公園)で徳川好敏、日野熊蔵 両大尉が操縦し成し遂げられました。 一方日本初の飛行場として開設された所沢の地で同じく両大尉により翌年(所沢での)初飛行が成功裏に行われ、以来この地は日本の航空発祥地としての歴史を歩んだのでした。

 航空公園の一画にある記念館です。
01memohall.jpg 
 航空機の歴史では、中島飛行機は欠かせないところです。
02special_ex.jpg 

 日本には 『二宮忠八』 というパイオニアがいました。熱心な研究家で 若くして凧作りに秀で、飛び魚や昆虫を通じ飛行原理を研究しました。 その成果が『玉虫型飛行器』で、ライト兄弟飛行成功の10年くらい前のことでした。 但し動力はゼンマイや人力足こぎ…と言うことで飛翔不能でした。
04tamamushi.jpg 
 欧米でも 『リリエンタール』 『ラングレー』 などが盛んに研究していた頃で、日本でもこの『足こぎでプロペラ&車輪を駆動する推進装置』 『可変翼』…などのアイデア、工夫は進歩的で、かつ『飛行器』という名称まで付けたのは素晴らしい先進性の持ち主であった。

 忠八は本格的研究を進めるべく設計図と上申書を提出したが、当時の参謀長『長岡外史大佐』は受け入れませんでした。(長岡は、こんなものは戦争には役立たない…と将来への潜在能力を見抜けなかったのでした)
03chuhachi.jpg 
 下の写真が長岡外史(ナガオカガイシ)。
 後に自身の先見性のなさに気づき 忠八に謝罪し、飛行機の発展に尽力したそうです。 すなおに忠八に謝ったとは 古(いにしえ)の大物のようで、陸軍中将まで上り詰めました。 それはともかく このひげは~? つばさのつもり?

IMG_1271_angl.jpg

 日本での初飛行は、1910年(明治44年) 代々木練兵場…と冒頭触れましたが、以下はそれを報ずる同年 12月20日付け朝日新聞記事です。下の2人は日野(左)、徳川(右)両大尉。 
 05_fly_npall.jpg
 日野大尉はドイツ製のグラーデ機、徳川大尉はフランスのファルマン機を操縦しました。両大尉それぞれが学んだところの飛行機でした。新聞の写真は徳川大尉のファルマン機。
05f_fly_np.jpg 
 下は 『会式』 という徳川さん設計の国産練習機(ファルマン色が大分濃く…) 下の右は徳川さん。
   
会式という呼称の由来 : 航空技術を研究するための 『軍用気球研究会』 が1909年(明治42年)7月に創設され、
                    立地の良い所沢が選定されましたがこの研究会の方式…と言うことでの『会式』です。

08kai_1.jpg 
 これはブレリオ機(仏)1907年にドーバー海峡を史上初めて飛んだ。 1911年徳川大尉操縦、1時間9分、80km(距離)を飛んだ。
07early_pl.jpg 
 これは『奈良原式2号複葉機』 所沢での上記両大尉の初飛行後同年 『奈良原三次(海軍技師)』 により製作され、自ら飛行した初の国産機。 (上下両機とも卓上サイズのレプリカ)
06nara_japan.jpg

 本格戦闘機の開発競争時代となる。 下の九一式は中島飛行機が仏人技術者を招き開発した機で、九一式とは皇紀2591年の下2桁から来ている。(皇紀2591年は西暦1931年/昭和6年)
九一アップ角度1  
 胴体先端部の発動機が搭載される部分。
11kyuichi_1.jpg 
 上(天井方向)が写真では左になってしまったが、エンジンをマウントする部分は機体の操縦席のすぐ前ににトラス構造っぽい部材で固定されるので。騒音はもとより振動も凄かったのではないかと思います。
12kyuichi_2.jpg 
 木製の心材を金属で覆ったプロペラ。
13kyuichi_3.jpg 

 これは『ハ115』型と言い 昭和8年、中島飛行機による 空冷複列14気筒エンジン(というより発動機) 改良版は2000馬力級にもなる優れもので 『隼』 『ゼロ戦』等に搭載された。(全てのゼロ戦ではないと思います)
15ha115_2.jpg 
 ハ115 と九七式戦闘機(レプリカ)  …ハ とは発動機のハ。
14ha115_fal.jpg 

 下の写真に見られるように陸軍、海軍それぞれが戦闘機、攻撃機、偵察機、輸送機、爆撃機、飛行艇、練習機…と多くの軍用機が開発。製造されました。

 皮肉なことに、技術は戦争により発展したと言われますが、航空機は まさにその典型です。 当時の技術者はどんな気持ちで取り組んだか…複雑な気持で、或いは一心・一途に…といろいろだったことでしょう。 それぞれの機を見ると ため息ばかりです。よくもまあこれだけを…寺の鐘や鍋釜つぶして…と必死さは伝わってきます。
 
09all_model.jpg 

 土井武夫氏(左)、木村秀政氏(右)は共に1904年/明治37年産まれ、共に昭和初期から日本の航空機発展に大きな貢献をされました。
19kimura_doi1.jpg 
 上段は木村氏下段は土井氏による航空機。(上段右はYS11機)
19kimura_doi2.jpg 

 戦闘機の仔細や、戦後から現在に至る部分は略します。

 このたびは 忠八さんに脱帽し、徳川、日野両大尉が当時の航空先進国フランス,ドイツに使命感と共に乗り込み短期間で技術・技能を習得、それを持ち帰り日本の航空の発祥・発展に貢献したこと、多くの優秀な技術者達、中島知久平の努力と手腕、その他挙げ切れませんが多くの先達には頭が下がりました。

 航空史の背後には戦争がありましたが、今や我々の生活に航空機は欠かせない道具になりました。 また、現代日本の宇宙開発は全て人類の平和・幸福のためにあることは誇らしいことです。



にほんブログ村


関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/03(水) 10:45:24|
  2. 航空・宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (213)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア