天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

大川家住宅と笛吹き坂  足利市 

 このところ 「なたね梅雨」 だそうで、星空に恵まれません。 一方北関東でも桜が大分開花してきましたので、市内の山里を訪ねてみました。

 足利市の西のはずれ、すぐ先は隣の桐生市になりますが 小俣(おまた)町と言うところに、国の登録文化財に指定されている 「大川家住宅」 と言う古い民家があります。

 先ずは母屋です。建築面積(建坪)で96坪という、この地方としては最大級の民家です。
01 母屋正面 
 以下は右端が玄関。および 邸内で更に囲われた庭へ続く小ぶりな門。
02玄関まわり 
 母屋側面  2階造りなのですが、ほぼ3階分の高さがありそうです。
03母屋側 
 下は巽(たつみ)蔵と呼ばれる蔵
 巽は方位で東南を意味します。通常蔵は乾(北西)か巽(東南)に置いたようです。

04巽蔵

 
 巽蔵に繫がる 続き蔵
05 続蔵 
 名主は苗字帯刀が許されたといいますが、大川家は江戸末期に藩士の格さえ戴いたのだそうです。
06やり 
 南側の板張りの塀ですがその内側は長屋風になっていました。
07 板塀 
 ※ 印は昨年秋の撮影です。 印象深く感じ、いま桜の季節に再訪問した次第です。


 笛吹き坂の物語(日本昔ばなし風の世界)

 都から来た若く美しく、素晴らしい笛を吹く修行僧と 大川家の美少女との悲恋の物語で、二人はいつか笛の音を合図にこの坂の付近で逢う瀬を楽しんだのですが、いずれは他の知るところとなり引き裂かれ、悲嘆にくれた青年は死んでしまいます。 そしていつか人々はこの坂を 「笛吹き坂」 と呼ぶようになりました。

 以下は修行僧の供養のために立てられた「石造卒塔婆」で、南北朝時代のものとされ、県文化財の指定を受け、大川家で管理しています。
 
08 石卒塔婆 
 下は坂の頂上付近にある「しるべ」で、『空 笛吹坂標地』 と彫られています。
09 笛吹坂標 
 今や 坂は拡幅・舗装され車が飛ばして行きます。
10 現代の笛吹坂 
 坂の傍らに咲くしだれ桜は三分咲きでした。
11 しだれ桜 
 染井吉野(たぶん)は八分…と言ったところです。
12 笛吹坂の桜


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:栃木県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/03/29(金) 22:03:06|
  2. 郷土
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パンスターズ彗星 と アンドロメダ銀河(?) | ホーム | M97ふくろう星雲とM108 & 惑星状星雲一覧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/179-47209d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア