天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

M57 リング星雲 ナローバンド画像合成

 小さい対象ではありますが ディテールを意識して撮影しました。
 今使っているカメラ・ビットランBJ53Lは、色々改良もあってか結構拡大に耐えられるようになったと思います。 前回Extender 1760mm焦点でよい結果を得られなかったので 今回は、カメラに頼ってみた次第です。
 拡大の基準として目いっぱいと見られる ピクセル等倍サイズまでとし、それををそのまま切り取った画像を中心に掲載致しました。
(それ等の画像はクリックしても拡大されないようになっています)
M57 LRGB 等倍 
 TOA150 830mm LRB:各々3'x4 Ha:7'x6 O3(G用):5'x6  (全てno bin)  計108'

 ふち取り程度(約90%残し)のトリミングでは以下の画像となります。 FL800mm程度では小さいですが、広ーい宇宙に浮いている様子がより感じられると思います…? 
モノは言いよう … って言うより 何か星野写真で感ずる 「宇宙」 と共通のものを感じます。 この画像のみクリック拡大できますので、PC画面いっぱいに拡大してしばし星雲をご覧くださるとうれしいです。
M57 LHRf-lrgb full
 
 ディテールを撮るべくナローバンドを使いましたが、通常のLR(G)Bと共にそれぞれをご覧ください。

 先ずはHαです。 リング部分のディテール?…デコボコしているのが写っていますが、これで目いっぱいのようです。 そしてHαバンドでは中心星は写らないようです。同様に 惑星状星雲の特徴である青ーっぽい成分も写っていないハズです。 

M57 Ha 等倍 
 そこで、中心星も入った L(ルミナンス)画像で全体を捉えたものと合成して、これを基本の画像としました。
M57 LH 等倍 

 あとはこのL+Hαの基本画像に 以下の各RGBを合成したカラー画像を重ねることになります。

 そして R(赤)用の画像には、普通のRバンドフィルター画像にHα画像を合成します。 これも結構ディテールが現れています。
中心星には赤系波長があまりないようです。
M57 HR 等倍 

 G(緑)用には OⅢナローバンドフィルター画像を用いました。 少しボケたように見えますが、全体的に広がっているのだと思います。
M57 O 等倍  

 そして、B(青)バンド画像です。
M57 B 等倍 

 最後に、基本画像(L+Hα)をベースにして、その上に上記RGBを合成した画像を重ね、(つまり LRGB合成をやって) トップのカラー画像が得られています。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 
関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/31(金) 13:22:51|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M8 干潟星雲 クローズアップ | ホーム | M17 オメガ星雲 ('13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/197-55559b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア