天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

JAXA 相模原キャンパス -1

 去年は茨城県つくば市のJAXAを見に行きましたが、今回訪問した神奈川県相模原市にある JAXAは 通称 相模原キャンパス と呼ばれ 「旧宇宙科学研究所(ISAS)・前身は東京大学宇宙航空研究所」 の本拠地と言うことになります。     
01メインビル m

 上はメインの研究管理棟で、そこに色々展示されていました。   
02 メインビル手前 m 
 下は、ミュー3SⅡでハレー彗星探査試験機 「さきがけ」、同探査機 「すいせい」など、日本で初めて地球重力圏を脱出したロケットです。 この胴体の直径が因縁付きの1.4mで、ずいぶん細長~いロケットだなーという感じです。
 (当時の科学技術庁が、ISASのほうは 直径は1.4m以内…とだいぶ昔に決めたことを固持したため…だそうです。)

03 ミュー3S2 L  
 こちらは、1.4m 制限も無くなって 2.5mに大幅UPした M-V(ミューファイブ)です。いろいろな衛星,探査機を宇宙に運びましたが、「はやぶさ」 もそのうちの一つです。
04 ミュー L 

 ところで今回の訪問は、言うに及ばず星空から見放され続けているので…と言うことですが、加えて読売新聞が 「時代の証言者」 というコラムに 「日の丸ロケット」 というタイトルで連載した記事にひかれたためでもありました。
 以下はその一部の切り抜きです。 ロケットの直径1.4m制限のお話しも出ており、Max拡大なら読めますので 気が向かれましたらぜひどうぞ…。

05 時代の証言 1 m s 

 以下の開発の歴史年表は 分かりやすくできています。 中央やや上にある西暦表示ベルトの上は 旧宇宙科学研究所(ISAS)の開発歴史で、下は 旧宇宙開発事業団(NASDA)のそれです。 また 文部省、科学技術庁が統合され 文科省になり、それぞれの管掌下にあった両者も統合され 2003年に 独立行政法人 「宇宙航空研究開発機構 JAXA」 となった年から この年表の上下ともに濃い青色のJAXAになっています。
 また黄色い矢印線は技術の流れを、薄緑色は運用期間をそれぞれ示しています。 スケールはペンシルの現寸大 を除き 1/100です。

06 ロケット歴史説明 1 L 
 よくみると、ペンシルロケットから出た黄色い矢印線(技術の流れ)は上のISAS・個体燃料系へはもとより 下のNASDA・液体燃料系にも(官僚組織を越えて) しっかり繋がり、その技術が生きています。 本当に基礎の基礎を築いた…と言うことなのでしょう。   
 なお、ラムダ 4S(5号機)は 1970年に日本初の衛星 「おおすみ」 を運んだロケットです。 ずいぶん細いな~と思い 調べたら直径は 76.7cm でした!。 
07 ロケット歴史2 L  
 左の上と下に 赤の小さいものが2つ見えますが、人間です。

 ところで、はやぶさは ミューファイブ(個体燃料)で打ち上げられたのです!… 知りませんでした~。 てっきり HⅡかと思っていました。 そういえば筑波で見たとき 見上げるような巨大な衛星がたくさんありましたが、たしかに HⅡは大物打ち上げ用でした。
 個体燃料ロケットは健在…どころか(日本では)これから主流になりそうです。 HⅡロケットのブースターも固体燃料ですし…。 よくみると年表の右端の…チョット照明が暗いが…HⅡ-B の横にしっかり イプシロンが控えています。 いずれ脚光を浴びるでしょう。

 以下は固体燃料ロケットの輪切りで、黒いのが固体燃料です。 中央に穴が通っていて外側へ放射状に溝が見られます。 中から外へ燃焼は進みますが、この放射状の 溝が ミソのようです。

08 ロケット燃料 m 

 そして原点の 『ペンシルロケット』 と糸川先生です。 3種類見られますが、長いペンシルや 2段式ペンシルは 初めてお目にかかりました。 
09 ペンシル 1 L 
 下は最初に水平撃ち実験をやったときの実機です。 日時、場所などが記されています。 国分寺には銃の試射場があり そこでやったそうです。  
10 ペンシル 2 s  
 当初10数機作った内 多くの実機がここに保存されています。
11 ペンシル 3 s 

 下は、ペンシルの後の2段式ベビーロケットで だいぶ大きくなりました。 発煙筒で飛翔の痕を追ったり、カメラを搭載して色々研究をしたそうです。 パラシュートでカメラを回収した研究員の誇らしげな顔はまさに 「開拓者」 です。
12 ベビーロケット m 

 そして カッパー、ラムダを経て ミュー、ミューファイブ に発展しますが、今ではそれ等も役割を終え、今後は下の写真の 『イプシロン』 になるそうです。 今年8月には惑星研究用の衛星(下の写真の金色の箔で覆われたもの)を乗せて打ち上げられます。 
13 イプシロン L 

 惑星観測衛星の説明パネルですが、少し難しいです。 そして 「時代の証言者-日の丸ロケット」 の最終記事では将来の方向性などが述べられており、なぜ小型のイプシロンなのか? など 興味深いと思います。
14 イプシロン m   15 時代の証言 2 S

 今回はロケット主体としましたが、次回はこの探査機や衛星についてまとめる予定です。 またお越し下さい。


 一般来客にも開放された食堂で スペースピラフ をいただきました。16 JAXA ランチ m
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

 
関連記事

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/30(日) 17:16:55|
  2. 航空・宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JAXA 相模原キャンパス -2 日本の衛星達 | ホーム | ペリカン星雲 IC5067 & ハービッグ・ハロー天体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/203-1fa6c1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア