天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

タムロンSP 70-210 レンズ

 このたび TAMRON SP 70-210mm F/3.5 というフィルム時代の遺物のようなレンズを入手しました。 調べて見たら1984年発売 ~ 1999年まで製造されたレンズで、当時の価格は¥63,000ということでしたが、今となってはジャンクレンズで何と¥1,000也でした。
タムロンSP 

 どこまで撮れるの…? ということで撮ったのが下の写真です。青ハロ…というか紫ハロがはげしく出ました (言う必要なかったか…)。  FLは210mm カメラは毎度 EOS60Da  3'x6枚 ISO1600 でした。 長さで70%くらいにトリムしています。 朝霧高原での今月8日未明の撮影です。
 銀河の写り具合は 悪くないと思います。 
1000円ですし…。
アンドロメダ210  
  さて、折しもステライメージV.7では ”青ハロ・偽色除去” なる機能が追加されましたので、さっそくやって見たのが以下の画像です 結構除去できたかと思います。
アンドロメダ210 青ハロ除 
 もっと除去できそうでしたが、RGB 3色分解してみると、青・赤の両波長では大分ピントが合っていないようで、より除去しようとすると紫色が白くなるためか星が肥大化してしまいました。
 
 今後は SC42フィルターを併用し、画像処理はある程度のところで切り上げる…と言う方向でやってみたいと思います。
 
SC42 フィルター 


 こちらは常用している FL105mmのレンズで撮ったM31で、”青ハロ除去”はやっていないものです。 デジタル処理に合わせ、デジタル設計された今のレンズは大分進化しているようです。
アンドロメダ105 トリム 
  以下は、ミラクを入れたお気に入りの構図です。 上の画像はここから切り出したものです。
アンドロメダ105 


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/20(土) 20:23:28|
  2. 機材 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雲間の月と双眼鏡 | ホーム | 朝霧高原-2 天の川と星々と富士>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/209-abf0b223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア