天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC6992 網状星雲 南部のディテール

 ここは網状星雲の中でもディテールがとても美しい部分と思います。 網状の本体の上に青白いベールで覆われた様のディテールを撮りたい,今回は下~のほう(南部)の淡く消え入るところも全部撮りたい,SⅡ波長帯も結構反応しそうなのでハッブルパレットでも画像化してみたい…などの主旨で撮影しました。

 ハッブルパレット画像です。 

アミ SAO f
  TOA150 reduced 830mmFL   F5.5    Ha: 20'x8   O3: 20'x6   S2: 20X6    計400' (2晩)

 ハッブルバレットにしたメリットは?……あまり見当たらない感じです。
 以下は AOO合成です。 SⅡも加えてもみましたが、このシンプルなAOO合成のほうが最適の感じでした。 また、英語のベール星雲の名もピッタリです。

アミ AOO f

 以下は少しどぎついですが、CFHT(Canada France Hawaii Telescope)パレットです。とりわけアピールするところはないですが、変わり種として…。
アミ AOS-rgb 

 ナローバンド3種は以下のとおりです。 
 先ずHαです。 本体(とも言うべき部分)が最も顕著に現れ、新星爆発残骸らしい感じがします。青白いベールは写っていませんネ。

アミ Ha

 OⅢ画像です。 上の Hα や一番下の SⅡとは別物感があります。
    
超新星爆発中心は画像の右方向ですが、そこを中心に超高速で広がるガスのOⅢ成分は
    速度が少し早く他の成分の残骸から画像の左ヘ抜け出しつつある。  …という仮説 or 想像
    を聞いたことがあります。 はは~、だから OⅢ成分が別物のベールのように見えるのか~、
    なかなか面白い仮説or想像(?) だな~…と思いました。
     本当に何が起こっているのか、知りたいところです。 あと1000年くらいするとズレが拡大?
    して仮説が正しいとされるかも知れませんネ…。
   

アミ O3
  SⅡバンド画像です。
アミ S2

  これで、夏の名残り・メジャー星雲シリーズも 北アメリカ,ペリカン,網状と来ました。 またしばらくはマイナーな散光星雲を中心に撮り、冬の繁忙期を迎えたいと思います。 各位風邪などひかれぬようお過ごしください。 


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ  ← いつもポチリを頂きまして有難うございます。
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/30(木) 14:15:02|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<IC63 カシオペア座の散光星雲 | ホーム | IC5067 ペリカン星雲 - ペリカンの首筋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/276-30a6e459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア