天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC5427 衝突銀河 おとめ座

 右の こちらに顔を向けている(Face on) 銀河が NGC5427で、左が 同5426 です。 両銀河の端から端まで13万光年とされていますが我々からは 9,000万光年もかなたにあるため随分小さ~くしか写りません。
N5427 Lrgb
  TOA150  fL:830mm F5.5   L:10'x10  RGB:各々4'x6   計 172'

 下は少し無理してトリムUPし、ディーテールを…と画像処理したものですが、基が基なのでこれ以上は・・・・でした。 でも接近・衝突の相互作用でできたと見られる 両銀河を繋ぐような 『架け橋』 がかすかに写っています(並ぶ両銀河の下辺に直線状に 二本?に見えるものです)。
N5427 Lrgb up

 下は、L(ルミナンス)画像を反転し淡い部分を思い切り強調したもので、上記の架け橋はより分かり易いと思います。
N5427 L_rev

 下は '08 July 21_APOD に紹介された画像で、ジェミニ天文台のチリの 8m鏡(Gemini-South Telescope)で撮られたものです。 ジェミニ天文台は米,加,豪,ブラジル,チリ,アルゼンチンの共同天文台で、もう一つハワイにもあり、全天をカバーしています。
ジェミニ天文台画像
 
 APOD記事によると、両銀河はコンパクトなコア、長くハッキリ伸びるアーム、サイズなど大変共通点が多く、接近・衝突してもそのまま通過し両方ともに生き残るのではなかろうかと推測されています。 しかし、どうなるかの答が分かるのは、数千万年後だそうです。

 
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/22(水) 19:12:52|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M27 亜鈴状星雲の周囲には? | ホーム | M 57 リングの周りに何が?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/306-afaa0031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア