天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC 7635 バブル星雲 [バブルのなかみは?]

 恒星風により圧力を受けたガスがバブルを形成している…ということですが、不思議な天体の謎をもう少し知りたいな~と思いつつ撮影しました。
N7635 H-lrgb

  TOA150  fL830mm  F5.5     Ha: 20'x6  O3: 20'x4   計 200'  A_AOO lrgb
 以下はHα画像です。こちらでもバブル球の詳細はよく分かりませんネ…。右側(北側)が随分明るく写っています。
N7635 H_di

  
バブル付近の構造をもっとみた~い…と言うことで、この付近のみトリムUPしてデジタル現像のやり直し、シャープ処理、コントラスト調整などなど手当たり次第やってみました。
 一方、『ハッブル・ヘリティジサイト』でHST画像を基にバブルについての解説がありましたので引用させて頂きました。
N7635 exp
 バブルのなかの右上に輝く星は、太陽の40倍の質量を持つ星で、この星の表面から秒速2000kmというものすごい速さで粒子が放出され、恒星風が作りだされています。 そして、この濃密な粒子の恒星風が星の周りを「泡」のように覆っています小生の画像では大分見ずらいですが星をボヤーッと包んでいるようなものを指します。ハッブル画像では泡のように見えます
 そして星の下側に非常に明るい濃密なガスの塊があるのが見えますが、これは星に最も近い濃密ガス部分で強い紫外線放射を受けて明るく光っています。そして超音速恒星風がこのガス塊に衝突することにより、次々と明るい青色のアークができているのです。
 さて画像右の方には、指のような形をした分子雲の濃密な塊があるのが見えますが、この分子雲はまだ超音速恒星風と衝突していないが、中心星からの紫外線放射はすでに到達しているので、このように輝いて見えるのです。 
            …出典
 ハッブルヘリテイジHPより、解説をおよそそのまま使用しました。  



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/23(金) 19:34:03|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M31 アンドロメダ銀河のHⅡ域 | ホーム | 網状星雲 NGC6960 付近>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/329-747802ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (218)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア