天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

M31 アンドロメダ銀河のHⅡ域

 何度も撮っていますが、明るい中央部から淡~い円盤外周部まできれいに撮るのは、いつも難しいな~と思う対象です。 今回は点在するHⅡ領域をよく撮ってみたい…ということで臨みました。
M31 HR-rgb 1-lrgb a
 SKY90  fL407mm  F4.5   L: 10'x7 +12'x4  RGB: 各々4'x6   Ha: 20'x10   計  390'   (2 nights)
  
下はHαフィルターでの単独画像ですが、単独にしてはHⅡ域がよく出ています。 とは言っても分かりにくいので主なHⅡ域に矢印をつけてみました。

M31 single_H

 下は上の単独画像10枚を合成後、L(ルミナンス)画像と合成したものです。 HαとL画像との合成は「加算」、「比較明」をやってみましたが、HⅡ域をあぶり出すには若干ですが比較明のほうがよいように思いました。
 なお、赤色用には通常バンドの赤とHα画像を加算合成して使用しております。

M31 H_di hikaku L_H

 いつもながらですが、白黒のほうが思ったようにコントラストや滑らかさなどが得られ、安心して見られます。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/28(水) 10:33:03|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NGC6888 クレセント星雲周囲 | ホーム | NGC 7635 バブル星雲 [バブルのなかみは?]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/330-9c0edea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア