天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

Sh2-263 エンゼルフィッシュのベイビー

 エンゼルフィッシュの口もとにあるので「エンゼルフィッシュのえさ」 と言われています。 でも何となく エンゼルフィッシュのベイビーのように見えませんか? …明るい6等星の目とそこから流れるような涙がチョット不気味ですが…。
 さて、それはさておき青白く淡~い反射星雲をきれいに写し出せるか…がポイントと思います。 従って 先ずはL/ルミナンス画像にたっぷり時間をかけ、青,緑の通常バンド画像もいつもより露光時間をかけて撮影しました。

263 H_L_Lallcompo-lrgb_digi
 TOA 150 fL830mm  F5.5   Ha:20'x6  L:12'x14 & 15'x6  RGB:各々6'x6 (2x2bin)   計 450分 (2 nights)

 反射星雲の写り方はどうだったか…?
   決して狙い通りとは行きませんが今回はこれで・・・と。
もっと拡がっているのですがキリがなくなるので…。

 L画像の露光時間が2種類になってしまいましたが、空の透明度のためです。 2晩目は大分よかったので 15分露光とすることができました。RGBもこのとき撮っています。 ナローバンドのほうは、あまり意識せずいつも20分開けられるので助かります。

 以下はHαと全 L(ルミナンス)の合成画像です。

263 H_L_Lallcompo
 以下は R画像にHαを合成し赤色用の画像にしたものです。
 これだと かわいいベィビーでは…? 反射星雲の涙もなくなるので。
263 Hr_R
 次は、緑色用の通常バンド画像です。
263 G
 最後は、同じく青色用画像です。
263 B

 ベィビーは、大きな親を撮った画像には必ず小さ~く写り、その右半分は青白っぽく写っている画像をよく見かけます。
 一方 明るいF値の短焦点で、暗い空のもと、分子雲などにぎやかなベィビーの周囲を狙うのも面白いのではないかと思います。



にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/10(木) 13:08:22|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NGC7635 バブル星雲 & M52 散開星団 | ホーム | NGC2392 エスキモー星雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/339-93fa09c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (218)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア