天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

M42 トラペジウム付近 と LL星

 あけましておめでとうございます。

 トラペジウムとその付近をナローバンドフイルターで撮ってみました。産まれたてと思われる星々が点在していますが、想像もできないほど凄いことになっている領域です。
M42 SHO-rgb_a UP
  TOA150   fL830mm   F5.5        Ha,O3,S2  各々5'x6     計 90'     SAO 合成(Hubble P.)
 各バンド全て 5分X6枚露光としました。 多段階露光とはしませんでしたが、SⅡフィルター画像でかなり明瞭にトラペジウムが現れたので、これとHα画像を合成したところ多段階露光と類似効果が得られました。
 以下がそのHαとSⅡの合成画像です。トリムなし画像です。

M42 SH

 LL星という強烈な恒星風を発する星があります。 赤経・赤緯位置情報、ハッブル画像との星々の位置の比較照合などから矢印の星がLL星と見てよいと思います。
LLOrionposi.jpg 

 一方トラペジウム方向から比較的ゆったり来る星雲と恒星風が衝突し衝撃波が生じているのがハッブル望遠鏡で鮮明に捉えられました。…ゆったりと言っても宇宙基準なので よく分かりません。
 衝撃波は『Bow shock(バウショック)』と呼ばれています。…滑らかな水面を船が進むときの波の形から来た言葉のようです。

 なぜか南北逆さまですが、以下はHubble画像でLL星のクローズUPです。 2003.11.15APOD記事より

LLOrion.jpg 

 ハッブル画像に合わせて以下の画像は全て逆さまにしました。
 ステラナビ上でRA,Dec.位置を入れてみたらトラペジウムに大分接近していました。

LL星オリオン

 以下は2013.2.5 NASA HPで紹介された画像です。中央やや下にBow shockをともなうLL星が鮮明に写っています。
LLOrion_bowshock.jpg

 Bow shockが写っていないか~と、LL星周りを大分(300%くらいに)拡大してみました。 黄色い矢印先端に何かありますかね~…。  (なお、上の画像とは撮影角度が少し異なっています)
LLbow.jpg

 1500光年かなたの衝撃波が見えるの…!? 衝撃波もハッブル鏡性能も、どちらも びっくりポンです。



にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/03(日) 17:13:11|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<IC426 オリオン座のマイナーな反射星雲 | ホーム | Sh2-135 ケフェウス座の散光星雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/344-378a6035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (218)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア