天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC1999 オリオン座のマイナーな星雲

 M42 から 約1°南にいる小さい反射星雲です。 中心のV360という星の光を受けて輝いて見えます。N1999 H-lrgb
      TOA150   fL830mm   F5.5    Ha: 20'x10   O3: 20'x6    計 320'     AOO合成
 周囲は淡いのですが色々な形がいっぱいで、星雲からの放射状の広がり、コーンのようなもの、暗黒帯、ところどころ明るい部分…などとにぎやかです。天体活動は形が示すとうりとても活発のようで何十ものハーヒーッグハロー天体、バウショックウェーブが存在し、中には超大型のものがあるそうです。
 星雲のすぐ右下にある明るい部分は第1号のハービッグハロー(HH1)で、そのまたすぐ下はHH2です。
 1950年ハービッグさん、ハローさんが(1号として)発見したとされています。

 右上のコーンのようなものもHH401天体、コーンのすぐ左上の明るい部分はHH222でハッブルサイトの画像で見ると滝が落ちるようで見事です。 まだの方は
こちらからご覧下さい。 

 周囲を取り巻く淡~い星雲に比べると明る過ぎるので、NGC星雲を中心に処理してみました。V360星とT形の暗黒帯が何とか見えています。

N1999 H up

 マイナーなエリアですが、もう少し明るかったらメジャー昇格でしょうネ~?


にほんブログ村


関連記事
  1. 2016/01/11(月) 13:35:21|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Melotte15 ハート中心部から IC1795 魚の頭 付近 | ホーム | IC426 オリオン座のマイナーな反射星雲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/346-dbfce061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア