天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC4651 アンブレラ銀河 かみのけ座

 おとめ座との境界付近の銀河密集地帯にいる銀河です。 アンブレラがどこまで写るかナ~と言うことでやってみました。
N4651 L-lrgb n
  TOA150 fL830mm F5.5   L: 6'x14 (2x2 bin)  RGB: 各4'x4 (2x2 bin)    計 132' 
 L画像も 2X2bin.としたのはガイド星に恵まれず短時間勝負となったので、感度優先で(本体より)アンブレラを写そうか…とたためです。アンブレラらしきものが銀河の左のほうにかかすかに現れました。
 
 もう少し何とか…と、
拡大し銀河本体のつぶれにかまわずアンブレラを重点に処理してみました。粗れた背景は大分スムージングしています。少しはアンブレラに見えますかネ…。 

N4651 L-lrgb sp

 反転して更に色々やってみましたが、あまり変わっていないようです。右側にもボヤーッと何かあるような感じがします。
N4651 L-lrgb sp Rv

 アンブレラはいったい何なの…? 以下は APOD 2014 July 2 より; 
 この銀河は6200万光年の距離にあり、銀河円盤から左に伸びる傘の柄は10万光年の長さに達する。これは伴銀河とのたび重なる接近・合流によりできたスターストリームで、伴銀河のほうは揺さぶられ、引きちぎられてしまった。 
 また、スバルやケック望遠鏡の協力で、吹き飛んだ伴銀河のコアの残骸が傘の柄のなかに発見されている。   

 …のだそうです。すごいことになっていました。


にほんブログ村

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/22(月) 09:32:45|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NGC2403 きりん座の銀河 | ホーム | IC2177 かもめ星雲の南端>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/356-c4229917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア