天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

NGC7635 バブル星雲の謎

 7,000光年を越す距離にあって、直径7光年のシャボン玉を膨らませた凄まじい星、しかしその星はバブル球の(見た目の)中心からは大分ずれている…この謎は未解明だそうです。 April 2016 Hubble site記事より。
 H-rgb-lrgb a 
  
TOA 150 fL1100mm 主焦点 F 7.3    Ha,O3,S2: 各々20'x5  計 300分  SAO合成
 今回は主焦点で撮ってみました。下はAOO合成ですが、やはり上のSAOのほうがメリハリが出るようです。
HOO-lrgb.jpg
 
 何とかディテールを…とSAO合成のほうでクローズUPし、手を加えてみました。
H-rgb-lrgb.jpg

 以下は 2016年 4月 のAPOD記事のハッブル画像です。バブル球のOff-center 10時方向にいる明るい星が太陽の40倍くらいの質量の星で秒速 2,000kmの凄まじい恒星風を発し周囲の星間物質を圧縮し風船を作っているとされています。
7635HST.jpg

 自分の画像でどうか…、Ⓐがバブル製造星、Ⓑは(モヤーッと判別困難ですが)恒星風でできたものでハッブル画像では筋状の模様のようにクリアに捉えられています。Ⓒは濃い分子雲が紫外線や恒星風の影響で輝いている状態。Ⓓも濃い分子雲だが恒星風は未到達で、強烈紫外線で輝いている状態。 
N7635exp.jpg 

 更に同記事によると…この大質量星は誕生後まだ僅か400万年、寿命は1~2千万年と極めて短く超新星爆発を起すだろうと見られています。
 
 太陽とケンタウルスαがその距離を保った状態でこのシャボン玉の中に楽々入ってしまうンですから…また、図り知れない大きさなのにほぼ球状…。そしてOff center…と不思議でいっぱいです。



にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/11(水) 09:08:52|
  2. 星座と星々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NGC2174 -75 ビッグモンキー と散開星団 | ホーム | ばら星雲を輝かす NGC2244 散開星団>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/414-8bf69779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア