天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

2重星団「h-χ」 NGC869,NGC884

2つの星団が隣接するために2重星団と言われる、ペルセウス座の大変ポピュラーな散開星団です。
右側がNGC869,左側がNGC884ですが、それぞれ「h」,「χ(カイ)」と
バイエル記号でも呼ばれ、この2つの星団をまとめて「h-χ(エィチ・カイ)」などと呼んでいます。
星の色…赤いもの、白~青っぽいもの…などなど、色の違いにも注目してご覧ください。

 2重星団xh SKY90 LRGB: 各5'x6 (full)  

参考ですが:バイエル記号とは1603年にドイツの天文学者バイエルが星座毎,等級毎に恒星にギリシャ文字を割り当てたものです(α,β,γ…と言うように)。そのとき、この星団をそれぞれ一つずつの星として見たことからこの名が残っているそうです。
ガリレオが初めて望遠鏡で天体観測をしたのが、1609年と言われていますからその6年も前にバイエルさんは大変な大仕事をやったものです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ



関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/16(月) 10:30:14|
  2. 星雲 星団
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木星 '12.1.14 | ホーム | ギターソロ 「アルハンブラ宮殿の想い出」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/43-bdb98e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (215)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (12)
未分類 (1)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア