FC2ブログ

天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M33 弟分の銀河

 久々の対象ですが、今回はFS-60Cで撮ってみました。昨年末頃の撮影です。
m33fs60c_LH-lrgb up blog
    FS60C reduced fL256mm F4.3   Ha:15'x4   L:10'x8   RGB:各々4'x4 (2x2bin)    計 188分    Ha + LRGB合成
 点在するHⅡ域はよく写りませんでした。以下はトリム無し画像です。

m33fs60c_LH-lrgbblog.jpg

 さて、ステラナビ画面ではM33銀河内に IC番号の表示が多く見られますがこういうのは例がないのでは…?と 大変興味深く思います。 但し巨大HⅡ域のNGC604(後述)は省略されています。
m33exp1.jpg
 ステラナビでDSS画像を重ねるとこんな感じです。赤色表示のIC番号が見にくいですが。この画像で各星雲をチェック照合してみました。
m33exp2.jpg
 以下は2012年12月 fL830mmでの撮影画像をリファインしたものです。 画像上部の NGC604 は超巨大でオリオン大星雲の40倍を超えるとか…(Wikipedia)。 またNGC番号のつく散光星雲は他にも (NGC588,592,595等) あるようです。
 興味半分ですが、画像にID番号を入れてみました。

m33toaexp3.jpg  

 局部銀河群として我々に近い銀河のためこのように内部まで見えるのでしょう、とりわけ星の生成が活発なのだと思われます。
 仲間ではなんと言ってもアンドロメダが兄貴分ですが、M33は天の川銀河の弟分…しかも元気いっぱいの兄弟…と言うことで親しみがわいてきました。



にほんブログ村 

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/23(金) 08:30:06|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NGC 2903 しし座の銀河 | ホーム | M63 ひまわり銀河>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/487-9f6a62ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (8)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (19)
太陽系 (27)
星雲 星団 (249)
銀河 (103)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。