FC2ブログ

天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M 104 ソンブレロ銀河

 フワーッとした綿菓子を真っ二つに割るように円盤が食い込んだ形が神秘的でこれまで何度も撮ってきましたが低空でもあり難しく、つぶれ綿菓子ばかり作ってきました。
m104 1701 blgup up
  TOA150 reduced fL830mm F5.5           L:8'x18     RGB:4'x4 (2x2bin)        計 192分   LRGB 合成
 綿菓子はモット大きいのですが外側のほうは淡いせいか全ては現れてくれませんでした。
 なぜこんな銀河ができたのだろう…以下は アストロアーツ/2012.5月記事より抜粋です。

 バルジがとても大きくなった円盤銀河と見られていたのですが、実はこの銀河が、楕円銀河の中に円盤が収まった複雑な構造を持つことがNASAの赤外線天文衛星「スピッツァー」の観測で明らかになりました。可視光で見た銀河の周りの明るいハロー(球状に取り囲んでいる部分)は比較的軽くて小さいと見られていたが、ダスト(塵)に隠れた古い星までとらえた「スピッツァー」の赤外線画像から、このハローが実は巨大な楕円銀河のものに相当するサイズと質量を持っていることが明らかになり、2つのタイプの構造を併せ持つこれまで見つかった中でも稀有な例である。 (後略)
 

m104 1701 blgup
  こうやって引いた画像では「UFO」が宇宙に浮んでいるようです。

 
楕円と円盤が合体したのであれば円盤が乱されているハズ…などなどこの銀河がどのようにしてできたかのナゾは未だ解き明かされてはいないそうです。



にほんブログ村  

関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/26(木) 09:27:40|
  2. 銀河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M16 イーグル星雲 & the Pillar | ホーム | M 101 回転式 尺玉花火>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/494-438a72bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (8)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (19)
太陽系 (27)
星雲 星団 (249)
銀河 (103)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。