天体写真コレクション 羽刈の里天文台より

冷却CCDカメラによる天体写真の掲示。観測ドームの製作過程や使用器具など紹介しています。

太陽 '12.3.6

太陽は初登場です。結構目立つ黒点をとらえることができました。
太陽 本文
太陽 拡大用 ←拡大用
TOA150 直焦点 EOS kiss 1/320sec. Baader Planetarium社アストロソーラーフィルム使用

黒点
太陽 黒点UP 

さて、太陽について少しばかり調べて見ましたところ、ビックリするほどの数字がいくつか出てきましたので、以下にまとめました。  (諸数値は適宜四捨五入してあります)

大きさ 
 直径は地球の何と109倍。 となると体積は109の3乗で130万個分となります。
 実際の直径は139万km・・・・何と月-地球間の距離の3.6倍! 

重さ
 地球の33万3千倍。 質量が体積ほどにならないのは太陽はガスだからですネ。 ではガスの成分はというと 水素71% ヘリウム26.5% いずれも軽いガスです。

温度・気圧
 表面温度 6000度 …この程度の数値なら「あー、そうですか」と納得。
 中心付近の温度・気圧は、それぞれ 1500万度・2500億気圧 と計算されているそうです。そんな高温・高圧は想像不能で、これはすなおに納得する訳には行きませんよネ。一体どんな計算なのか知りたいところですが、聞くと余計理解できなくなる恐れがあります。たぶん太陽が発散する総エネルギー量や質量などをベースにしているのでしょうネ?
 軽いガスでもこれだけ気圧が高いとものすごい密度になりそうです。加えて超高温状態であることが核融合反応を起こす環境を造っているのでしょう。

黒点
 黒点部は温度が4000度と一般表面より低いので、放出される可視光線量が少ないので暗く見えるそうです。 不思議なものです。

地球からの平均距離
 約1億5千万km …この距離を「1天文単位」と言い太陽系内で距離を云々するときに使います。(kmで言うとゼロが多くなり分かりにくいからです)
 また、光の速さは30万km/秒ですから、太陽の光は地球に届くまで500秒、つまり8分と少しかかることになります。

 まあいずれもスケールの大きい話しにちがいありません。

以下をクリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/06(火) 21:11:20|
  2. 太陽系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金星 | ホーム | 太陽  the Sun>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://astro17.blog.fc2.com/tb.php/55-c4be89e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsukadom

Author:tsukadom
astro17ヘようこそ!
北関東は足利市住人です。天体写真、"かも"の木彫を"ものづくり"を取り入れて、ご紹介します。ご意見お寄せ頂ければHappyです。Tsukadom

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Home (5)
Index (6)
日曜大工 (2)
機材 道具 (6)
画像 (0)
木彫 (6)
ソロギター (4)
郷土 (10)
星座と星々 (18)
太陽系 (27)
星雲 星団 (230)
銀河 (84)
ギャラリー (2)
鳥ギャラリー (1)
星野 (19)
航空・宇宙 (14)
未分類 (2)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア